リコールの対象製品を見逃していませんか?

 テレビや新聞などで「リコール」という言葉を見聞きする機会があります。泉大津市内においても、このリコールの対象製品から出火する事例が発生しました。そこで今回、リコールの制度についてお知らせします。

リコールの制度について

 リコールとは、設計・製造上の不具合などにより消費者に危険を及ぼしかねない欠陥があると判明した製品などを、法令の規定または製造者・販売者の判断で、無償修理・交換・返金などの措置をおこない、製造・販売後の安全を目指す制度です。

リコールの対象製品は?

 電気製品や燃焼機器以外にも、自動車や食品、また衣服や医薬品といったあらゆる製品がリコールの対象となっていますが、リコール対象となっても全ての消費者に知らせることは難しく、全て回収することは困難であるのが実情です。

リコール対象製品の情報

 現在、リコール対象製品の情報は、各ご家庭に配布される広告チラシ、テレビ放送のコマーシャルなどで知ることができますが、インターネット上でも公開されており、消費者庁など下記のリンク先のページで各種製品のリコール情報を確認することができます。
 また、多くのメーカーは電話相談の窓口を開設していますので、不安に感じる製品がある場合は、メーカーに直接電話をして確認することも有効です。
 リコール対象製品をそのまま使用し続けると、重大な事故につながる可能性があります。リコール対象製品だと気付いた場合は、すぐにメーカーに相談するなどしてください。

リコール情報が公開されている各ホームページ

お問い合わせ

  泉大津市消防署 警備課 調査係

  電話:0725-21-0119 ファックス:0725-33-0531

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか