消防団

泉大津市消防団

消防団員

泉大津市消防団員を募集

  消防団は、「自らの郷土は自ら守る」という精神のもと、地域に密着した防災活動を行う市民等で構成られる消防機関です。

 消防団員は、本職や学業を持ちながら、災害時の消防防災活動だけでなく、火災予防啓発活動や応急手当の普及啓発活動などを行っています。

 

1 募集目的

 消防団の充実強化及び地域の防災リーダー育成のため、消防団員を募集します。

 

2 募集要件

 1. 消防団の管轄区域内に 居住又は、勤務や通学をする人

 2. 年齢18歳以上の人

 3. 志操堅固で、かつ身体強健な人

 4. 消防訓練・研修などに参加していただける人

 ※ 消防団の管轄区域内とは泉大津市全域です。

 消防団への入団要件が改正され、泉大津市外に住んでいる方でも、泉大津市内にある会社で勤務、又は専門学校へ通う学生も入団して頂けるようになりました。

 

3 欠格事項

 1. 成年被後見人又は被保佐人

 2. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの、またはその

   執行を受けることがなくなるまでの人

 3. 免職処分を受け当該処分の日から2年を経過しない人

 4. 6か月以上の長期にわたり居住地を離れて生活を常とする人

 

4 報酬

 消防団員には、その職務に応じ報酬などが支給されます。

 消防団員報酬金額36,000円(年額)

 

5 入団申込書

 (1)提出関係

  1. 泉大津市消防団入団申込書

    提出先:泉大津市消防本部・総務課(2階)

  2. 郵送による申込

    郵送先は〒595-0067
          泉大津市小松町1-70
          泉大津市消防本部・総務課

 

6 選考方法

 書類審査及び面接により選考させていただきます。

 なお、面接日等については、本人に通知いたします。

 

消防団の紹介

泉大津市消防団について

 郷土愛護の精神を理念とする泉大津市消防団も明治40年に消防組規則を制定、その後昭和23年消防組織法の施行と併せ消防団令に基づき組織が発足されましたが、昭和40年以降、高度成長期と併せ就業構造の急激な変化に伴い、消防団員数の激減により昭和47年に解団することとなりました。

 しかし、先の阪神淡路大震災をはじめ自然災害はもとより、常備消防力をはるかに超える大規模災害が全国各地で発生するとともに、一方、アメリカの同時多発テロを契機に他国からの武力攻撃から国民を保護する目的で国民保護法も施行されました。

 さらに、近々に東南海・南海地震の発生も危惧される中、本市も地震防災対策推進地域にも指定され、地域の危機管理体制の構築が喫緊の課題であることから、より地域防災力の向上を図るため、地域防災の担い手である消防団を平成17年7月29日に再結成し、今日に至っております。

 まだ、再結成したところでありますが、今後、消防団の使命であります、市民の安全・安心を確保するため、全力で消防団活動に邁進します。

消防団の構成

 消防団は、消防本部、消防署と同じ法律の下、市に設置された消防機関のひとつです。
 消防団員は、普段は別の職業に就きながら、火災は勿論のこと、地震や風水害等の有事の際には「自分たちの町は自分たちで守る」という相互扶助の精神に基づき、地元住民の生命、身体、財産を護るという尊い精神を基調として活動します。また、災害時以外には、火災予防や住民に対する啓発など幅広い分野で活躍、地域の消防防災のリーダーとして重要な役割を果たします。

 
 

火災予防運動の実施について

  平成29年3月1日(水曜日)火災予防運動の一環として、泉大津駅で防火ティッシュの配布による、火災予防の啓発活動を行いました。また、消防団員募集リーフレットも配布し、消防団員の募集を行いました。

syuugougyasin

当日の消防団員の集合写真

消防団員募集説明会の実施について

 平成29年2月12日(日曜日)第2回消防団員募集説明会を実施しました。その後に行われた定例訓練を見学してもらい、消防団についての知識を深めていただきました。

setumeikai

定例訓練の様子

津波避難訓練を実施しました

平成28年11月5日(土曜日)に津波避難訓練が実施されました。

訓練内容については、以下の通りです。

 1 市内津波浸水想定区域内にある学校等の児童・生徒の避難誘導訓練

 2 消防団現地指揮本部設置訓練

訓練では、消防団員の誘導のもと児童・生徒一丸となって迅速な避難を行うことが出来ました。

jidou

消防団員の誘導のもと避難する児童

hinannyousu

避難中の様子

sikihonnbu

消防団現地指揮本部の様子

毎月1回定例訓練を実施しています。

 消防団では火災現場での消火活動や後方支援活動の出動に備えて、毎月1回2時間の定例訓練を実施しています。

 消防職員指導の下、市民の生命・身体・財産を守るべく下記の訓練を真剣に取り組んでいます。

 1. 規律訓練

 2. ロープ結索訓練

 3. 資機材取扱訓練

 4. ホース延長訓練

 5. 放水訓練

放水訓練の様子

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
〒595-0067 大阪府泉大津市小松町1-70 消防本部
電話番号:0725-21-0119

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか