現在の位置
  • ホーム
  • トピックス
  • 泉大津市がんばる市民公益活動応援補助金~自主的な市民活動を応援します~

泉大津市がんばる市民公益活動応援補助金~自主的な市民活動を応援します~

がんばる市民公益活動応援補助金って?

市民活動団体が自発的に行う公益的な事業に要する経費の一部に対し、市民の皆さんからいただいた寄附と市からの積立金からなる「泉大津市がんばろう基金」を活用した補助金を交付することで、活力あるまちづくりを推進することを目的とするものです。

がんばる市民公益活動応援補助金の概要

補助事業の目的

この補助金事業は市民の自発的な特定非営利活動及び地域コミュニティ活性化に資する事業を支援することにより、市民活動を活発化し、泉大津市内が元気な市民活動であふれ、市民主体のまちづくりの進展に寄与することを目的とするものです(本補助事業は事業の経費の一部を補助するものです)。
助成区分には設立5年未満の団体を対象とした「自立促進事業補助金」、設立年数制限のない「公益活動活性化事業補助金」と「人材育成事業補助金」があります。

対象団体(以下のすべてに該当すること)

  1. 主として泉大津市内において、特定非営利活動(不特定多数の方の利益の増進に寄与する目的で実施している事業で、特定非営利活動促進法(NPO法)に第2条第1項に定めのある20分野に該当する事業)を行っている、又は始めようとしていること
  2. 3人以上で構成される団体で、構成員の2分の1以上が市民(在勤、在学含む)であること
  3. 政治活動、宗教活動を目的としていないこと

補助対象事業と助成区分

補助対象事業と助成区分

  自立促進事業補助金

公益活動活性化

事業補助金

人材育成事業補助金
目的 立上期における市民公益活動の自立

市民公益活動の活性化

団体の自立強化

市民理解の増進

市民の地域づくりに関する知識及び技能の習得、人脈の構築等
対象事業

1.市民公益活動団体の設立又は活動準備に要する事業

2.市民公益活動団体の運営に要する事業

3.具体的な市民活動に要する事業

以上3つのいずれかに該当するもの

1.市民公益活動団体の運営又は自立の強化に要する事業

2.継続的な市民公益活動の推進に要する事業

3.市民公益活動団体が取り組む活動に対する市民理解の推進に要する事業

4.地域コミュニティの活性化に資する事業

以上4つのいずれかに該当し、かつ補助団体が新たに行う事業

1.啓発事業

2.専門家招へい事業

3.調査研究事業

4.能力開発事業

以上4つのいずれかに該当し、かつ補助団体が新たに行う事業

設立年数 5年未満 制限なし 制限なし
補助期間 5か年以内 2か年以内 3か年以内
限度額等

1年目:30万円以内

2年目:20万円以内

3年目:15万円以内

4年目:10万円以内

5年目:5万円以内

10万円以内

10万円以内

※この補助金は、同一年度において併給できません。

※自立促進事業補助金については、泉大津市から他の補助金を受けていないことも要件となります。

関連リンク

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。