『泉大津市』で暮らしませんか、UR賃貸住宅の家賃を助成します。(泉大津市転入促進賃貸住宅家賃助成)

若年世帯の転入促進を図るため、UR助松の家賃の2割相当額を12箇月間助成します。

家賃助成制度の概要

〇交付金の助成対象者

 若年夫婦世帯又は子育て世帯に属する者で、次に掲げるすべての要件に該当する者

  • 平成28年4月1日以降に助成対象住宅の入居申込の手続きを行い、URと定期借家賃貸借契約を締結し、他市町村からの転入により当該助成対象住宅に居住していること
  • 助成金の交付申請時において、居住する助成対象住宅の家賃を滞納していないこと
  • 世帯構成員全員が、市町村税を滞納していないこと
  • 世帯構成員全員が、生活保護法の適用又は他の公的制度による家賃助成を受けていないこと
  • 世帯構成員全員が、暴力団員又は暴力団密接関係者でないこと

※ 若年世帯とは、助成金の交付申請日時点において、助成金交付申請者とその配偶者が同居しており、申請者とその配偶者の満年齢の和が70歳以下である世帯

※子育て世帯とは、助成金の交付申請日時点において、申請者又はその配偶者が義務教育修了前の子と同居している世帯

〇助成対象住宅

  • URがU35割で募集を行うUR団地のうち、間取りが2DK以上の住戸 (ただし、当該住戸を含む棟が、昭和56年6月1日以降に建築基準法に基づく建築確認若しくは適合通知を受けている、又は耐震改修工事の実施により同等の耐震基準に適合しているものに限る。)

〇助成金額

  • 助成金の月額は、助成金の交付申請時における当該助成対象住宅の月額家賃の20%相当額で、上限は15,000円
  • 交付する期間は、12箇月を限度
  • 助成金の交付は市の予算の範囲内で行います。

〇U35割:URが若年世帯を対象として実施している家賃割引制度

 

 U35割及び対象住宅の詳しくは、UR泉北営業センター(072-290-6900)にお問い合わせください。

募集は先着順となります。(予算の上限に達し次第終了します。)

『泉大津市と独立行政法人都市再生機構(UR)は、泉大津市への若年世帯の転入促進を図るため、連携・協力しています。』

関連リンク

地図情報

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
まちづくり政策課
電話番号:0725-33-1131(代表) ファクス:0725-22-6040

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか