平日に住所変更の手続きに行けない。どうしたらよいか?

転出届については郵送でも手続きできます。

郵送による転出届の方法

 泉大津市から転出した場合は、下記(1~3)の書類を泉大津市役所へ送付してください。

 転出される方本人の申請になります。(例外 15歳未満の方)

 ※送付するもの

 1.申請書(下記のホームページからプリントアウトできます。)

 2.返信用封筒(定型の封筒に宛先を記入し、切手を貼ったもの)

 3.申請者の本人確認書類のコピー(運転免許証や健康保険証など)

 ※すでに転出されている方の転出証明書は、転出先の新住所にしかお送りできません。転出予定の方は、現在の住民登録地にお送りします。

 

 住民基本台帳カードをお持ちの方の郵送で転出される方法

  住民基本台帳カードを持って、そのまま新住所地で、住所の変更手続き(転入届)をすることができます。

 転出届は、転出予定日の14日前から、お手続きすることができます。

 必ず、市区町村への転入届は、転入した日から14日以内、または転出予定日から30日のうち、どちらか早い日付までに手続きしてください。 

  手順として次のとおりです。

 手順1  ・申請書(下記のホームページからプリントアウトきます。)

       連絡先の電話番号は必ず記入してください。

      ・本人確認のコピー

        以上2点を本市へ送付してください。

 手順2  ・転出届を受理した旨を連絡しますので、連絡を受けてから新住所地に転入届の際、

       住基カードを窓口に提示して、暗証番号(4ケタ)を入力してください。

 

 

転入・転居届は平日の窓口でしか手続きできません

 本人が窓口に来れない場合は、代理人でも手続きできます。

 

 代理人による方法

 代理人(窓口に来る方)の本人確認書類(免許証・保険証など)と委任者直筆の委任状をお持ちください。

 ※ 委任状の見本と用紙は下記のホームページからプリントアウトできます。

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
市民課