戸籍の届け

 戸籍は、親子・夫婦など個人の身分関係を証明するもので、現在は単身・夫婦・親子によってそれぞれ戸籍がつくられています。この戸籍のあるところが本籍地です。

 戸籍の届けには、ここで説明するもの以外に認知届・養子縁組届・養子離縁届・分籍届・入籍届・死産届などがあります。

出生届

だれが

  • 父または母、同居者、出産に立ち会った医師・助産師またはその他の人、公設所の長の順

いつまでに

  • 生まれた日から14日以内

どこに

  • 本籍地、出生地、届出人の所在地のいずれかの市町村

届出に必要なもの

  • 出生届書(医師・助産師の出生証明が必要です)
  • 届出人の印鑑
  • 母子健康手帳
  • 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)

死亡届

だれが

  • 同居の親族、同居していない親族、同居人、家主 、地主、家屋管理人、土地管理人、公設所の長、後見人、保佐人、補助人、任意後見人の順

いつまでに

  • 死亡の事実を知った日から7日以内

どこに

  • 死亡地、死亡者の本籍地、届出人の所在地のいずれかの市町村

届出に必要なもの

  • 死亡届書(医師の死亡証明が必要です。)
  • 届出人の印鑑

(死亡届をされたときに「埋火葬許可証」が発行されますので、火葬する市町村の担当部署へ提出してください。)

今後の諸手続き

市営葬儀を申し込まれる方へ

婚姻届

だれが

  • 夫と妻

いつまでに

  • 期限はありませんが 届出の日から法律上 正式な夫婦となります

どこに

  • 夫または妻の本籍地、所在地のいずれかの市町村

届出に必要なもの

  • 婚姻届書(成年者2人の証人2人の署名・押印と未成年の場合は父母の同意も必要です。)
  • 届出人(夫と妻)の印鑑
  • 戸籍謄本または戸籍全部事項証明書(ただし、届出地に本籍がある方は不要。)

離婚届

だれが

  • 協議離婚のときは、夫と妻
  • 調停離婚、審判、裁判離婚のときは、申立人

いつまでに

  • 協議離婚のときは、届け出た日から法律上の効力が発生します
  • 調停離婚のときは、調停成立から10日以内
  • 審判・裁判離婚のときは、確定の日から10日以内

どこに

  • 協議離婚、調停離婚のときは、夫婦の本籍地または所在地のいずれかの市町村
  • 審判・裁判離婚のときは、夫婦の本籍地か申立人の所在地のいずれかの市町村

届出に必要なもの

  • 離婚届書(成年者2人の証人2人の署名・押印が必要です。ただし、裁判による離婚の場合は必要ありません)
  • 夫と妻の印鑑
  • 戸籍謄本または戸籍全部事項証明書(本籍地以外で届け出るとき):1通
  • 調停調書の謄本(調停離婚のとき):1通
  • 審判、判決の謄本と確定証明書(裁判離婚のとき):各1通

その他

  • 離婚して3か月以内に一定の届出をすれば、婚姻していたときの氏を称すことができます。

転籍届

だれが

  • 戸籍の筆頭者とその配偶者

いつまでに

  • 期限はありません

どこに

  • 筆頭者とその配偶者の本籍地、所在地、転籍地(新本籍地)のいずれかの市町村

届出に必要なもの

  • 転籍届書
  • 筆頭者とその配偶者の印
  • 戸籍謄本または戸籍全部事項証明書:1通(泉大津市内で転籍するときは必要ありません)
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
市民課