泉大津市教育大綱について

「教育大綱」とは

 「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の一部改正(平成27年4月1日施行)により、市長は「地方公共団体の教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策について、その目標や施策の根本となる方針」である大綱を策定することとされています。

 泉大津市では、平成28年5月16日に開催した総合教育会議において、市長及び教育委員で意見交換し、協議を行い、「泉大津市教育大綱」を策定しました。

 今後、市長部局と教育委員会の関係部署は、泉大津市教育大綱に基づき、泉大津市のすべての子どもたちが、教育大綱の理念のもと、健やかに成長することを願うとともに、その実現に向け、教育行政に取り組んでいきます。

泉大津市教育大綱

 泉大津市教育大綱は、基本理念と基本方針で構成されています。

本市の教育がめざすものや基本的な方向性は、平成28年3月に策定した「泉大津市教育振興基本計画」において明らかにしており、同計画における基本理念と基本方針を泉大津市教育大綱の基本理念と基本方針とするものです。

 基本理念

      ~つながりからはじまる学びの()

 基本方針

   ◇「きょういく」できる環境をつくる

     「きょういく」は″共育″と″協育″を兼ねた言葉です。

   ◇「じりつ」できる人を育てる

     「じりつ」は″自立″と″自律″を兼ねた言葉です。

   ◇「そうぞう」できる力を高める

     「そうぞう」は″想像″と″創造″を兼ねた言葉です。

 

  〔対象期間〕平成28年度から平成31年度までの4年間

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
教育政策課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。