高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種

 平成29年度対象者(29.4.1~30.3.31)

定期接種

【1】泉大津市民で下記の年齢に該当する方

※過去に肺炎球菌の予防接種を受けたことがある方は対象外です。5年以上経過していれば任意接種として実費での接種は可能です。市の助成はありません。

※脾臓摘出された人・公害健康被害被認定者の人については、健康保険が適応されます。この制度により安価に接種を受けることが可能なためご注意ください。

※該当者には助成券を郵送しております(H29年3月末)転入や紛失で助成券が無い方は保健センターまでお問い合わせください。

65歳:昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生まれ

70歳:昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生まれ

75歳:昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生まれ

80歳:昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生まれ

85歳:昭和7年4月2日~昭和8年4月1日生まれ

90歳:昭和2年4月2日~昭和3年4月1日生まれ 

95歳:大正11年4月2日~大正12年4月1日生まれ

100歳:大正6年4月2日~大正7年4月1日生まれ

【2】泉大津市民で接種日当日60歳以上65歳未満の以下に該当する方

・心臓・腎臓、又は、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活行動が極度に制限される程度の障がいを有する人(身体障害者手帳1級相当の人)

・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に、日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する人(身体障害者手帳1級相当の人)

任意接種

 泉大津市民で65歳以上(平成30年3月31日時点)の上記【1】【2】の対象者以外で接種を希望する人

※過去に肺炎球菌の予防接種を受けたことがある方は対象外です。5年以上経過していれば任意接種として実費での接種は可能です。市の助成はありません。

※脾臓摘出された人・公害健康被害被認定者の人については、健康保険が適応されます。この制度により安価に接種を受けることが可能なためご注意ください。

※接種許可証を発行しますので、保健センターまでお問い合わせください。この場合、任意接種となるため、副反応があった場合の健康被害救済制度が定期接種とは異なります。下記「副反応が起こった場合について」をご参照ください。

助成回数

助成(3000円での接種)は生涯1回限り

高齢者の肺炎球菌感染症について

高齢者の肺炎の原因の中で、最も頻度の高いのが「肺炎球菌」です。肺炎球菌は、肺炎だけでなく、気管支炎や副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などの病気を引き起こすこともあります。

肺炎球菌ワクチンについて

現在、肺炎球菌は80種類以上が確認されています。肺炎球菌ワクチンはそのうちの23種類について免疫をつけることができ、成人の肺炎球菌による感染症の80%を防ぐことができます。

副反応について

下記「副反応が起こった場合について」をご参照ください。

実施場所

指定医療機関(下記参照)

持ち物

健康保険証

助成券または接種許可証

接種費用

自己負担金 3,000円

※生活保護受給者は接種費用が免除されます。生活福祉課が発行する生活保護受給証明書を接種時に医療機関窓口に提出してください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
〒595-0013 泉大津市宮町2番25号 健康推進課(保健センター)
電話番号:0725-33-8181 ファクス:0725-33-4543

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか