<子どもの食育>平成31年2月号 寒い季節にぴったりの行事食~お事汁~

 2月4日立春を過ぎると暦の上では春ですが、まだまだ寒さは厳しく風邪などの感染症にも注意が必要な季節です。

 日本にはさまざまな年中行事があり、このような寒い季節、体を芯から温める行事食に「お事汁(おことじる)」があります。

コトノカミをまつるお祭り「事八日(ことようか)」

 12月8日と2月8日を「事八日」と呼び、コトノカミという神様をおまつりし、様々な行事が行われています。針供養も「事八日」に行われる行事の一つで、1年間お世話になった道具を片付け、供養する風習があります。

 また、「事八日」に無病息災を祈って食べる行事食「お事汁」は、野菜をたっぷり使ったお味噌汁です。

 「お事汁」はもともと「六質汁(むしつじる)」と言われ、芋、だいこん、にんじん、こんにゃく、ごぼう、小豆の六種類の材料を使った汁物のことで、冬野菜がたくさん入っており、体を温めることはもちろん、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んだ健康長寿食です。地方によって材料は色々ですが、寒いこの季節にぴったりな行事食です。

**********************************

 季節ごとにある年中行事には、色々な意味や祈りが込められています。

 それらの行事とあわせて行事食を楽しむことも季節感を味わったり、行事の意味を知る上で切り離せないものです。

 年中行事を通して、日本の四季や食文化を知り、親子で食への興味を育むことも大切な食育の一つです。

お問い合わせ
〒595-0013 泉大津市宮町2番25号 健康づくり課(保健センター)
電話番号:0725-33-8181 ファクス:0725-33-4543

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。