<子どもの食育>平成29年6月号 おうちごはん~お酢を上手に活用しましょう~

 梅雨時は、気温や湿度が変化して食欲が落ちやすく、体がだるくなることがあります。この時期を元気に乗り切るため、すっぱい料理を取り入れてみてはいかがですか。

いろいろあります☆お酢のパワー

▼食欲増進効果

 お酢の主成分である酢酸には、だ液や胃液の分泌を促進し、消化酵素の働きを活性化させる効果があります。消化酵素の働きが活発になると、胃の働きがよくなるため、お酢は食欲増進のサポートに適しています。

▼疲労回復効果

 酢酸が体内に入るとクエン酸に変換されます。クエン酸は疲労の原因となる乳酸を分解する働きがあり、疲労回復をサポートします。

▼防腐・殺菌効果

 お酢には防腐や殺菌効果があり、その高い殺菌能力は科学的にも実証されています。夏に発生しやすい食中毒の予防にもお酢が有効です。

▼減塩&カルシウムの吸収をサポート

 お酢の酸味を利用することで、塩分を控えても味を損なわず、減塩効果が期待できます。また、カルシウムの吸収を促す効果やカルシウムをやわらかくする性質もあり、小魚料理に使えば骨まで食べられるようになり、カルシウムが効果的に摂取できます。

*********************************

すっぱい料理が苦手な子どもでも食べられる、甘辛の一品をご紹介!

・油淋鶏(ユーリンチー)

1)鶏の胸肉2枚を一口大のそぎ切りにし、酒と塩少々をまぶして軽くもみこむ。

2)かたくり粉をまぶし、180℃の油でカラッと揚げる。

3)フライパンに調味料(砂糖大さじ2、しょうゆ大さじ2~3、酢大さじ1、みりん大さじ1)と水大さじ1を沸かし、揚げた鶏肉を絡める。

※大人の方はタレの中に香味野菜(ねぎやしょうがなど)を加えてどうぞ

お問い合わせ
〒595-0013 泉大津市宮町2番25号 健康推進課(保健センター)
電話番号:0725-33-8181 ファクス:0725-33-4543

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか