老人医療費助成(一部負担金相当額等一部助成)制度

老人医療助成(一部負担金相当額等一部助成)制度とは

 65歳以上の人が、健康保険証などを使って病院などにかかったときの費用の一部を公費で助成する制度です。

対象となる方

 泉大津市内に住所があり、健康保険(国民健康保険、被用者保険、後期高齢者医療制度など)に加入している満65歳以上の方で、次のいずれかの資格要件を満たす方。

資格要件1

 次の障がいの状態がいずれかに該当し、下記所得制限額1を満たす方

  1. 身体障害者手帳が1級又は2級の方
  2. 知的障がいの程度が重度の方(療育手帳でA判定)
  3. 知的障がいの程度が中度(療育手帳でB1判定)で身体障害者手帳をお持ちの方

 

【所得制限額1】

扶養親族の数

所得制限額

0人

462万1千円以下

1人

500万1千円以下

 

資格要件2

 ひとり親家庭医療費助成制度に該当する父、母又は養育者で、下記所得制限額2を満たす方

 

【所得制限額2】

扶養親族の数

所得制限額

0人

192万円以下

1人

230万円以下

 

資格要件3 

 次のいずれかに該当し、下記所得制限額3を満たす方

  1. 国指定の特定疾患の治療を受けている方
  2. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律による結核医療を受けている方
  3. 障害者総合支援法による精神通院医療を受けている方

 

【所得制限額3】

扶養親族の数

所得制限額

0人

224万円以下

1人

259万円以下

 

申請に必要なもの

  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 泉大津市外より新しく転入された方は前住所地発行の所得証明書
  • 資格要件1に該当する方…身体障害者手帳、療育手帳
  • 資格要件2に該当する方…ひとり親家庭医療証
  • 資格要件3の1に該当する方…特定医療費(指定難病)受給者証
  • 資格要件3の2に該当する方…患者票(感染症予防法第37条の2)
  • 資格要件3の3に該当する方…自立支援医療受給者証(精神通院)

助成の始期

 医療費の助成は申請のあった日から適用されます。

助成の内容

 医療機関の窓口で、健康保険証を使って診療や薬剤支給を受けた際に負担する本人負担金の一部を助成します。ただし、診断書料などの保険給付に含まれないものについては助成の対象にはなりません。

一部自己負担金について

 1医療機関あたり、1日500円以内で月2日の1,000円を限度に一部自己負担額をお支払いいただきます。
 医療機関が異なる場合は、それぞれの医療機関ごとにお支払いください。
 同医療機関でも、入院・通院・歯科は別医療機関とみなし、それぞれ別計算となります。
 院外処方箋の交付により薬局を利用の場合は、一部自己負担金はありません。
 複数の医療機関を利用の結果、1ヶ月で2,500円(保険診療の範囲に限る)を超えた場合は、申請により差額をお返しします。

医療費の還付について

 次のような場合、市役所の窓口へ申請していただくと医療費の還付を受けることができます。

  • 大阪府外で受診したとき
  • 医療証を申請してから発行までの間に受診されたとき
  • 急病などで医療証を提示できずに受診したとき
  • 治療上必要と認められたコルセットなどの補装具の費用を支払ったとき
  • 1ヶ月で一部自己負担額の合計が2,500円(保険診療の範囲に限る)を超えたとき

還付申請に必要なもの

  • 健康保険証
  • 老人医療証(一部負担金相当額等一部助成)
  • 領収書(受診者名、診療点数の記載があるもの)
  • 印鑑
  • 本人の預金通帳

その他

 満65歳から74歳で次のいずれかに該当する方は、申請により後期高齢者医療制度を選択することができます。

  • 身体障害者手帳が1級から3級及び4級の一部の方
  • 精神障害者保健福祉手帳が1級、2級の方
  • 療育手帳がA判定の方
  • 国民年金法等における障害年金1級、2級の方
お問い合わせ
高齢介護課
電話番号:0725-33-1131(代表) ファクス:0725-20-3129

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか