平成25年3月7日から津波警報が変わります

 気象庁では、津波による災害が発生する場合には、地震発生後3分で津波警報・注意報を発表します。

 東日本大震災による津波被害の甚大さに鑑み、発表方法や表現を改善した新しい形式の津波警報の運用が、平成25年3月7日正午から開始されます。

 マグニチュード8を超える巨大地震の場合は、「巨大」「高い」という言葉で発表し、非常事態であることを伝えます。巨大、高いと発表された時は、東日本大震災のような津波が襲うおそれがありますので、ただちに避難が必要です。

 また、これまで8段階で発表していた予想される津波の高さについて、被害との関係や予想される高さが大きいほど誤差が大きくなることを踏まえ、1m、3m、5m、10m、10m超の5段階に集約して発表されます。

 さらに、津波が観測されたときには観測情報が発表されます。高い津波が来る前は、津波の高さを「観測中」と発表されます。「観測中」と発表された場合、これから高い津波が来ると予想されますので、警戒を続けてください。

 

詳しくは、気象庁ホームページ(津波情報の改善について)をご覧ください。

 

◆お問い合わせ先:大阪管区気象台 地震火山課 06-6949-6307