受水槽は清潔に!

  ビルやマンションに設置されている受水槽や高置水槽の管理が、不十分なため、給水する水の衛生が問題になっています。

    泉大津市では、受水槽等の管理の充実を図るため泉大津市水道事業給水条例の一部を改正し、設置者・管理者に対し指導等を行うとともに、これら設備の利用者に管理等に関する情報を提供いたします。
 

 受水槽等の設置者・管理者は、次のような点に気をつけて、自ら適正な管理に努めてください。
 1.毎年1回以上の清掃を定期的に行いましょう。
 2.受水槽等の点検
 3.受水槽の周囲は清潔に、汚染の原因となる物は置いていませんか?
 4.受水槽にひび割れ、漏水はありませんか?
 5.受水槽内に沈殿物や浮遊物はありませんか?受水槽のフタにカギが
    かかっていますか?オーバーフロー管や通気管の防虫網に異常は
    ありませんか?
   
  以上の項目について点検し、異常があった場合には、施設の補修などを
  行ってください。

 

 

 

受水槽の主な点検箇所

   
  1. 水道の蛇口で、水の色、濁り、臭い、味に異常がないか、また、残留塩素の検査も含め
    毎年1回以上、定期的に行いましょう。
  2. 給水する水が人の健康を害するおそれがあることを知ったときは直ちに給水を停止し、
    その水を飲まないよう利用者に知らせるとともに、和泉保健所(電話41-1342)
    に連絡し指導を受けてください。
  3. 受水槽の有効容量が、10m3を超える簡易専用水道の設置者・管理者は、毎年1回以上、
    法定検査を受けましょう。
          

☆お問い合わせは、水道課又は和泉保健所まで。

 

お問い合わせ
水道課給水装置係
電話番号:0725-33-1131(代表)(内線2211) ファクス:0725-32-2488

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか