綾井(あやい)

綾井村は、江戸期~明治の村名。明治22年合併、上条村の大字となり、昭和6年大津町の大字、昭和17年泉大津市の大字となる。

中世の史料に「綾井」の名がみえ、大鳥郡の南出村、市場村、大園村、土生村、新家村の5カ村から和泉郡綾井にかけて「綾井荘」が広い範囲であったことが伺える。

本市の「綾井村」は、和泉郡に属し、江戸期には住家のない田畑のみの地名で、現在では高石市、和泉市に接する飛地となっている。

大鳥郡の市場村と南出村は合併により明治18年「綾井村」となり、明治22年合併により「取石村大字綾井」となる。

お問い合わせ
都市づくり政策課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。