市民会館等跡地活用の公開セミナーの開催について

 現在、市では、市民会館等跡地の有効活用に向けた検討を行っています。

 今後、ヘルシーパークとして健康をテーマに多様なプログラムを可能とする公園や健康施設、それらの持続的な運営などを、市民協働、公民連携により進めていきたいと考えています。

 市民会館等跡地(3.94ha)では、都市公園の整備(1.6ha)・運営(パークマネジメント)、公園隣接地の開発(エリアマネジメント等を含む)、健康をテーマにした施設の立地などを想定しています。

  また、本市で推進している身体や認知機能の改善・維持・向上を目指す研究や技術、ビジネス支援のための実証都市構想(仮称:アビリティタウン)の拠点となる施設やその施設が利活用できる公園(仮称:ヘルシーパーク)などから事業の可能性を追求していきます。

 このたび、市民や市民団体、事業者などを対象にした公開セミナーを開催致します。

 

taisyoutiku

公開セミナーの開催

   1. 日時:平成30年9月2日(日曜日) 13:30開場 14:00開始 16:30終了

   2. 会場:テクスピア大阪 大ホール

   3. 定員:500名(申込不要)

   4. 参加費:無料

   5. プログラム

    (1)挨拶

    (2)基調講演「市民協働・公民連携で可能となる公園を活用した健康生活」

    (3)パネルディスカッション「事例紹介と泉大津市での可能性」

 

参考

アビリティタウンとしての取組み

 「アビリティタウン泉大津」として取り組む目的は、「本来、人が持つ機能を最大限引き出す取組み」、「身体の機能を取り戻す取組み」、「教育環境の向上」により、市民一人ひとりの「能力」、「技量」、「才能」を伸ばし、泉大津市民として街への愛着と誇りを持って頂くこと「シビックプライドの醸成」を目的として取り組んでいます。

 ・ 本来持つ機能を最大限引き出す

   ブレインブースト(右脳開発、超速読)

 ・ 身体の機能を取り戻す

   あしゆびプロジェクト、フットチューニング

 

お問い合わせ
都市づくり政策課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。