道路等に面した安全性の確認できないブロック塀等の撤去工事に要する費用の一部を補助します。

 本補助制度は、泉大津市内の道路等に面した安全性の確認が出来ないブロック塀等の撤去工事費用の一部を市が補助し、危険なブロック塀等を撤去し、倒壊による被害の軽減を図り、道路等利用者の安全確保等を目的とする制度です。

※申請前に工事着手された場合は、補助対象とはなりませんのでご注意下さい。        ※平成30年6月18日から平成31年1月3日までに工事着手されたものも補助対象となる場合があります。                                               ※必ず申請前に担当窓口までお問い合わせ下さい。

泉大津市ブロック塀等安全対策補助の要件

〇補助対象者

補助対象物が設置されている土地の所有者又はその土地に存する建築物所有者で、次の要件を全て満たす者

  • 市税の滞納がない者
  • 暴力団員及び暴力団密接関係者でない者
  • 過去にこの補助金及び、泉大津市の他の制度の助成金及び補助金の交付を受けたことがない者

 

〇補助対象ブロック塀等

泉大津市内に設置された道路等に面しているもので、次の要件を全て満たすものとする。

  • 道路等の地盤面からの高さが60センチメートル以上であるもの。ただし、ブロック塀等と道路等の間に開渠の水路が存する場合は、水路幅以上のもの
  • ブロック塀等の高さがブロック塀等と道路境界線までの水平距離より高いもの
  • 泉大津市ブロック塀等点検表の点検項目に不適合があるもの
  • 過去にこの補助金及び、泉大津市の他の制度の助成金及び補助金の交付を受けたことがないもの
  • 国、地方公共団体等の公共用地の取得に伴う損失補償の対象になっていないもの

 

〇補助対象工事

ブロック塀等の撤去工事で、次の全ての要件に該当すること。ただし、国、地方公共団体等から他の制度による助成等を受けている工事については除きます。

  • 撤去工事により、道路等に面するすべてのブロック塀等が、道路面からの高さ60センチメートル未満になること
  • 請負契約に基づく施工業者が撤去する工事であること
  • 撤去工事後にブロック塀等が道路等に残存、又は突出しないこと
  • 補助金交付決定前に撤去工事に着手していないこと
  • 造成工事又は建物解体工事に伴う撤去工事でないこと
  • 定められた期日までに工事の完了報告ができる工事であること
  • 過去にこの補助金及び、泉大津市の他の制度の助成金及び補助金の交付を受けたことがないこと
  • 撤去工事について、関係法令等を順守していること。

 

〇補助金の額(1,000円未満の端数は切り捨てとなります。)

  • 撤去工事に要する費用と補助対象物の撤去見附面積1平方メートル当たりに1万円を乗じた額のいずれか少ない額の2分の1に相当する額(上限15万円)                   (見附面積とは、ブロック塀等の「高さ」×「長さ」による面積)                  

※同一補助対象者及び同一補助助成ブロック塀等について、1回限りの交付となります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
建築住宅課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。