カラスのごみ被害対策について

 最近、カラスについての相談が多く寄せられています。都市部に集まっているカラスの多くは、人間が出す生ごみをエサとしています。カラスは山間部に集団で巣を作り、行動範囲も一日に20kmから30kmと広範囲に及びます。カラスの被害を少しでもなくすためにも、ごみを排出する際は次のような対策をお願いします。

  • ごみは、ふたの付いたポリ容器等に入れて出しましょう。
  • 鳥よけネット等を活用しましょう。
  • エサとなる生ごみを新聞紙等で包み、カラスから見えないようにしましょう。
  • ごみは、なるべく収集日当日に出しましょう。

 

皆さまのご協力をお願いします。

お問い合わせ
環境課
電話番号:0725-33-1131(代表) ファクス:0725-22-6040

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。