食品ロスを減らしましょう!

「食品ロス」とは?

 「食品ロス」とは、本来は食べられるはずなのに廃棄される食品(可食部分)のことで、以下のようなものがあります。

食品ロスの発生場面
 食品メーカー   印刷ミスなどの企画外品、欠品防止の過剰在庫
  小 売 店

需要予測超過による売れ残り(販売期限切れの返品)、

店頭から撤去された食品

飲 食 店

 家 庭

期限切れ等で手つかずの食品、過剰除去された調理くず、

作り(仕込み)過ぎた料理、食べ残した料理

 

食品ロスの現状

白米

 日本では、年間621万トン(農林水産省「平成26年度推計値」)の食品ロスが発生しています。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量(平成26年で年間320万トン)の約2倍です。また、日本人1人あたりに換算すると”お茶碗約1杯分(約134g)の食べ物”が毎日捨てられていることになります。

食品ロス削減の効果

食品ロスを削減することで、以下の効果が得られます。

・経済効果 & 二酸化炭素排出量の減少

 廃棄食品の運搬等に使う化石燃料の使用量が減ることで、無駄な支出が減るとともに、地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出量が減ります。

・食料配分の不均衡の解消(途上国の飢餓の解消)

 食料輸入量を減らすことにつながり、その分を食料不足地域へ供給し、飢餓に苦しむ子どもたちを救うことができます。

・バーチャルウォーターの減少

 食料の輸入は、輸入食料の生産に使用した水(バーチャルウォーター)を間接的に輸入することになるため、食品ロスの削減は、食料輸入量を減らすことにつながり、海外(農産物生産地)の水資源を守ることになります。

私たちができること

「賞味期限」を正しく理解しましょう

消費期限:安全に食べることができる期限(安全性の保証期限)

賞味期限:おいしく食べることができる期限(おいしさの保証期限)

消費期限 賞味期限のイメージ

 「賞味期限切れ」=「捨てなきゃ」ではありません。見た目・臭い・味などから、食べられるか総合的に判断しましょう。

 消費期限・賞味期限は、定められた方法で保存した場合の期限です。開封後は早めに食べましょう。

ご家庭でできること

・買いすぎない!

 買い物前に冷蔵庫内の食材を確認して、必要な分だけ買いましょう。

・作りすぎない!

 食べきれる量を作りましょう。

・食べ残さない!

 できるだけ残さず食べましょう。

 残り物は保存して、忘れずに食べたり、他の料理(リメイク料理)に作り変える工夫をしてみましょう。

クックパッドのアイコン

食材を無駄にしないレシピが、料理レシピサイト「クックパッド」内の         「消費者庁のキッチン」で紹介されていますので、ご参考にしてください。

外出時にできること

注文は適量にして、残さず食べましょう。

また、会食や宴会では「30・10(さんまる いちまる)運動」に取り組みましょう。

※30・10運動

 1 適量を注文しましょう。

 2 乾杯後30分間は席を立たず料理を楽しみましょう。

 3 お開き前10分間は自分の席に戻って、再度料理を楽しみましょう。

関連リンク

お問い合わせ
環境課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。