犬のフン放置禁止を目的としたイエローチョーク作戦についてご紹介します

  市では、京都府宇治市発祥のイエローチョーク(黄色のチョーク)を使って犬のフン放置が改善された方法をご紹介します。

■用意するもの

黄色いチョーク1本

■方法

1、放置しているフンの周囲に〇をつける

2、「発見日時」を書く

3、時間を変えて現場を見る

 (1)放置されたままになっているとき→「確認日時」を書く

 (2)フンの放置がないとき→「なし」と書く

4、予防には、「パトロール中」と書く

5、「なし」と書いた時間から「あり」と書いた時間の間で、フンを放置していることになります(夜間や早朝など)

これを繰り返すことで減少することを目指します。

(ご注意) 許可なく私有地に書かないようにしてください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。