泉大津市は、「COOL CHOICE」に賛同し、温暖化対策を推進します!

COOLCHOICE

 2015年、すべての国が賛同する形で、2020年以降の温暖化対策の国際的枠組「パリ協定」が採択されました

 世界共通の目標として、世界の平均気温上昇を2℃未満にすること、今世紀後半の温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることが打ち出されました。

 日本は、2030年に向けて、温室効果ガス排出量を2013年度比で26%削減する目標を掲げています。

 「COOL CHOICE」は、この目標達成のために、省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資する、あらゆる「賢い選択」をしていこうという取組みです。

 泉大津市は、この賢い選択を促す「COOL CHOICE」に賛同し、市民や事業所・団体の皆様と連携しながら地球温暖化対策の取組を推進していきます。

 

泉大津市長 南出 賢一

 

 

国民運動「COOL CHOICE」について

 「COOL CHOICE」とは、2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動です。

 例えば、エコカーを買う、エコ住宅を建てる、エコ家電にするという「選択」、高効率な照明に替える、公共交通機関を利用するという「選択」、クールビズをはじめ、低炭素なアクションを実践するというライフスタイルの「選択」。

 みんなが一丸となって温暖化防止に資する選択を行ってもらうため、統一ロゴマークを設定し、政府・産業界・労働界・自治体・NPO等が連携して、広く国民に呼びかけています。

cclogo

「COOL CHOICE」につながる取組の一例

(1) クールビズ(冷房時の室温設定を28℃に設定する など)

(2) ウォームビズ(暖房時の室温設定を20℃に設定する など)

(3) 省エネ機器の買い替え(電灯のLED化、省エネ機器への買い替え など)

(4) 照明の効率的な利用(照度調整や電灯の間引き など)

(5) エコドライブ(アイドリングストップ、急発進等の防止 など)

(6) カーシェアリングの普及

(7) 公共交通機関(電車・バス)、自転車の利用

 

 

CC1CC3CC2

CC4CC6CC5

CC7CC8CC9

関連リンク

お問い合わせ
環境課