10月5日はノーレジ袋デー

お買い物はマイバッグで

毎月5日は「ノーレジ袋デー」

 泉大津では「3R推進月間」である10月に、「ノーレジ袋デー(毎月5日)」に合わせ、「マイバッグ促進、レジ袋抑制運動」を実施しています。

 また、循環型社会の構築のため4Rを推進しています。4Rとはリフューズ(Refuse 不要なものをもらうことを断る)、リデュース(Reduce ごみを減らす)、リユース(Reuse 再利用する)、リサイクル(Recycle 再資源化する)のことです。

 ごみを減らすには、ごみになるものを発生させないことが重要です。不要なものを断ることで、ごみの減量になり、また、資源の節約や二酸化炭素の削減にもつながります。お買い物の際は、マイバッグを持参して1番目の「R」リフューズを実践してみましょう。

レジ袋と石油とCO2

現在、日本国内では年間300億ものレジ袋を消費しています。これを人口で割ると、国民1人あたり年間約300枚使っている計算となります。レジ袋1枚(10g)の生産に石油を約18.3ml消費し、焼却するとCO2が約31g排出されます。レジ袋削減は、地球温暖化の防止と石油資源の消費抑制にもつながります。

 

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか