健康省エネ住宅に関するシンポジウムを開催します。

 

   今年の地球温暖化対策COOL CHOICEのテーマは、省エネ住宅です。

 省エネ住宅とは、なるべくエネルギーを消費せずに、快適に生活できる住宅のことです。例えば、室内の断熱効果を高め室温を18℃以上に保つと、血圧が安定し、健康維持につながると言われています。このシンポジウムでは医療・建築の専門家から健康を維持するための様々なポイントやちょっとした工夫も紹介します。この機会に省エネ住宅に繋がる取組みのヒントを探してみてください。

 

基調講演及びパネルディスカッションの内容

 

日  時 12月7日(土曜日) 午後1時から午後3時30分 (受付は、午後12時30分から)

場  所 テクスピア大阪 小ホール

 

参加方法 

 申込用紙に必要事項をご記入のうえ、環境課まで申込んでください。

    申込書を1または2の方法にて提出してください。

     1.環境課の窓口に持参または郵送

     2.電話またはファックスにて送信 

  (郵送先) 〒595-8686 泉大津市東雲町9-12 泉大津市都市政策部環境課   

  (環境課) 0725-33-1131

  (ファックス番号) 0725-22-6040

  (申込書は、下記よりダウンロードできます。)

  ※申込書をダウンロードできない場合、環境課までお問合せください。

 

 

【シンポジウム内容】

基調講演

 ■講演1「シックハウス及び健康省エネ住宅命名者」からの提言 

                       (午後1時5分から午後1時45分)

  講師 健康・省エネ住宅を推進する国民会議

      理事長 上原 裕之

 ■講演2「健康で省エネ・ゼロエネルギーとなる住まい」 

                       (午後1時45分~午後2時25分)

    講師 立命館大学理工学部建築都市デザイン学科

        教授 近本 智行

 

  パネルディスカッション    「エコで健康に過ごせる住宅を考える」 

                       (午後2時40分から午後3時30分)

 

   【コーディネーター】  

     上原 裕之(健康・省エネ住宅を推進する国民会議理事長)

 

   【パネリスト】

     近本 智行(立命館大学理工学部建築都市デザイン学科教授)

   徳岡 浩二(大阪府建築士会部門長)

   三木 隆己(泉大津市立病院高齢者医療センター長)

   南出 賢一(泉大津市長)

 

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
環境課
電話番号:0725-33-1131(代表) ファクス:0725-22-6040

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。