社会資本総合整備計画

社会資本総合整備計画について

 泉大津市では、下水道事業により快適な生活環境を創設し、公共用水域の水環境の改善を図ることで、水とともに安全・安心して暮らせる都市の創造を目指すため、「社会資本総合整備計画(水の安全・安心基盤整備)」を作成し、社会資本整備総合交付金により公共下水道事業を進めております。

社会資本整備総合交付金について

 社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則統合し、地方公共団体にとって自由度が高い総合的な交付金として平成22年度に創設され、活力創出基盤整備、水の安全・安心基盤整備、市街地整備、地域住宅支援といった政策目的を実現するため、地方公共団体等が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を国が総合的・一体的に支援するための交付金です。

社会資本総合整備計画について

 社会資本整備総合交付金を充てて交付対象事業を実施しようとする地方公共団体は、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通省に提出することになっています。

[第1期計画] 平成22年度~平成26年度

社会資本総合整備計画(当初) (PDF:14.6KB)

社会資本総合整備計画(変更) (PDF:15.1KB)

社会資本総合整備計画(第二回変更) (PDF:15.4KB)

社会資本総合整備計画(中間評価2-1) (PDF:114KB)

社会資本総合整備計画(中間評価2-2) (PDF:240.7KB)

社会資本総合整備計画(事後評価) (PDF:108.9KB)

[第2期計画] 平成27年度~平成31年度

社会資本総合整備計画 (PDF:22KB)

社会資本総合整備計画(第一回変更) (PDF:1.2MB)

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
下水道課事業係

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか