平成29年度軽自動車税のグリーン化特例の延長について

 平成28年度から実施された「グリーン化特例(軽課)」について、特例措置が一年間延長されることになりました。
 これにより平成28年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)に新車登録した一定の燃費性能を備えた軽自動車は、下記のとおり平成29年度の軽自動車税が軽減されます。

(注意)
 グリーン化特例の適用は1年間であるため、平成28年度に「グリーン化特例(軽課)」を受けた車両については、平成29年度「グリーン化特例(軽課)」は適用されませんのでご留意ください。

軽課税率について

車種区分

(平成28年度中に新車登録したもの)

税率(年額)金額

(ア)

(イ)

(ウ)

軽三輪

1,000円

2,000円

3,000円

軽四輪

以上

乗用

営業用

1,800円

3,500円

5,200円

自家用

2,700円

5,400円

8,100円

  貨物用

営業用

1,000円

1,900円

2,900円

自家用

1,300円

2,500円

3,800円

 
(ア)   電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)
(イ) 乗用 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車
  貨物用 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車
(ウ) 乗用 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車
  貨物用 貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

・(イ)、(ウ)については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。
・各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

(参考)

平成29年度税制改正について

 グリーン化特例(軽課)について、特例措置が2年間延長になりました。
 平成29年4月1日から平成31年3月31日までに新規登録された三輪及び四輪の軽自動車(新車に限る)で、一定の基準(燃費性能等)を満たす車両について、取得した日の属する年度の翌年度分の税率を軽減する特例措置が適用されることになりました。

 税制改正の詳細は、総務省ホームページをご覧ください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
税務課市民税係