自動車臨時運行許可制度(仮ナンバー)

自動車臨時運行許可制度とは

 自動車で道路を運行するためには、自動車の登録、検査を受けている事が必要です。しかし、車検切れの車両や登録されていない車両を継続検査、新規登録するため運輸支局へ運行するなど、道路運送車両法35条に定められた目的に限って自動車に一時的な運行許可を与える制度が臨時運行許可制度です。

 

許可できる場合とできない場合
 

許可できる

許可できない

対象車

普通自動車、軽自動車、小型自動車、小型自動二輪(251CC以上)、大型特殊自動車 250CC以下の小型自動二輪、
原動機付自転車

運行目的

新規登録、新規検査、車検切れのための継続検査、自動車販売の仕事で販売、引渡し、引取りのための回送等 試運転のため、展示のための回送、荷物の輸送のため、出発地及び経由地及び目的地がはっきりしないもの

保険

運行期間中に自動車損害賠償保険に加入していること 運行期間中に自動車損害賠償保険に加入していない

 

申請に必要なもの

  • 申請書
  • 印鑑(会社名義で申請される場合は法人名の印鑑が必要です)
  • 本人確認書類(免許書、保険証等)
  • 車検証(コピー可)
  • 自動車損害賠償保険(コピー不可)
  • 手数料750円

 

返却について

許可期間満了の日から5日以内に許可証と許可番号票(仮ナンバー)ともに返却してください。

 返却されない場合は、道路運送車両法108条に基づいて、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金が適用されることがあります。

許可証、許可番号票を紛失した場合

許可証を紛失した場合は、市役所市民課窓口にて紛失届けを提出していただきます。

許可番号票を紛失した場合は警察へ紛失届けを提出したあとに市役所市民課窓口にて紛失届けを提出して下さい。

お問い合わせ
市民課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか