日曜日の証明書発行専用窓口

日曜日に住民票などの証明書を発行しています

 平成20年4月6日から、毎週日曜日に市役所証明書発行専用窓口において、住民票、印鑑登録証明などの証明書を発行していますので、ご利用ください。

 申請には、本人確認書類(運転免許証、顔写真付きの住民基本台帳カード、個人番号カード、特別永住者証明書、在留カード、パスポート、健康保険証など。印鑑登録証明書には印鑑登録証)が必要です。

 なお、証明書の種類によっては、受付できないこともありますので、事前に担当課に確認してください。

 また、転入・転出・転居などの異動手続、印鑑登録手続、特別永住者登録事務、住民基本台帳ネットワークシステムおよび公的個人認証に関する手続はお取り扱いできません。

発行する証明書

発行する証明書は下記の5種類です。

 

住民票の写し

住民票記載事項証明書(手書きのものを除く)

 

・申請は、ご本人またはご本人と同一世帯の方に限ります。

・委任状による受付はできません。

・住民異動届などは受付できません。

・運転免許証、保険証等の本人確認書類がない場合は、発行できません。

 

印鑑登録証明書

 

・印鑑登録証(印鑑登録カード)が必要です。

・印鑑登録手続きおよび印鑑登録証の発行はできません。

 

市・府民税課税証明書

・申請は、ご本人またはご本人と同一世帯の配偶者の方に限ります。

  ※なお、同一世帯のご家族様分も発行できる場合もあります。

・証明書が発行できない場合がありますので、必ず事前に電話等で確認してください。

・委任状による受付はできません。

・運転免許証、保険証等の本人確認書類がない場合は、発行できません。

 

 現在戸籍謄本・抄本(平成25年10月6日から実施)

・申請は本籍地が泉大津市であって、申請者本人が記載されている現在戸籍謄抄本のみ交付できます。(現在戸籍から申請者本人が除籍されている場合は、現在戸籍であっても交付できません。) 

・ 委任状での取扱いはできません。

・その他、除籍、原戸籍及び附票、身分証明書などは発行できません。

・直近で、戸籍の届出(出生・死亡・婚姻等)をされた場合は、戸籍が交付できない場合がありますので、事前にお問合せしてください。

・本人確認書類  

【 1点確認で可 】 免許証、パスポート、住基カード、個人番号カード等(公的機関が発行した顔写真入りの証明書類)お持ちの方は、1点で交付できます。

【 2点確認が必要 】保険証か年金手帳のうちどちらか1点(必須)と、あと1点(キャッシュカード、通帳など)の、合計2点が必要です。

  

開設日時

日曜日の午前9時から午後5時まで【年末年始(12月29日~翌年1月3日)および庁舎や設備の保守点検などで閉庁を必要とする日は除きます。】

手数料

    戸籍謄本・抄本は各1通(件)につき450円です。

    その他の証明書は各1通(件)につき300円です。

    釣り銭のないようにお願いします。

 

平日の窓口混雑状況

証明書発行専用窓口位置図

証明書発行専用窓口位置図

 

 

問合先

   市民課窓口係、税務課市民税係

なお、平日の窓口の混雑状況はこちらです。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか