住民票の広域交付

住民票の広域交付

 これまで住民票の写しの交付請求は、住民登録地の市町村のみで可能でしたが、住民基本台帳ネットワークを通じて、本人及び同じ世帯の方の住民票の写しは、全国どこの市町村でも交付請求可能となりました。

 ただし、住民基本台帳ネットワーク不参加の市町村の住民票については、交付出来ません。

 住民基本台帳ネットワーク不参加の市町村については、事前にお問い合わせ下さい 。

 本人及び同じ世帯の方が、他市町村の本人の住民票を泉大津市役所の窓口で取る事ができます。

 手数料は通常の住民票と同じ300円です。

 (他市町村で泉大津市の住民票を請求する場合、交付手数料は交付地の市区町村により異なります。)

※ただし、本籍地記載の住民票については、住民登録地の市町村のみの発行となりますのでご注意ください。

  • 注意事項
交付窓口    泉大津市役所 市民課
交付時間    平日 月曜日~金曜日 8時45分から16時30分
申請者     本人及び同一世帯の方のみ
持参するもの 下記の本人確認書類
 
 

本人確認書類

 

本市では次のうち、どちらか1点を確認して発行しています

  • 住民基本台帳カード(一時停止・廃止状態でないもの)もしくは個人番号カード
  • 官公署が発行した旅券、免許証、許可証、身分証明書その他これに類するもので、以下の要件を満たすもの
       申請者本人の写真が貼り付けられていること
       写真に浮出しプレス、割印等による契印があること、または改ざん防止のための
       特殊加工がしてあること             
 

       具体的には旅券(パスポート)、運転免許証、身体障害者手帳などです。

       会社の身分証明書・学生証等は、これに該当しません。

       交付窓口の市町村へお問い合わせ下さい。

外国人住民の方については、住民票の広域交付(お住まいの市町村以外の市町村で住民票の交付請求をすること)は、平成25年7月以降から可能になりました。

お問い合わせ
市民課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか