取組みの経過

平成26年2月10日 市長と一般社団法人日本セーフコミュニティ推進機構白石氏の面談、セーフコミュニティ職員研修会を実施しました

 市長と白石氏によるセーフコミュニティについての面談が行われ、その後に白石氏を講師に迎え、セーフコミュニティの概要についての職員研修会を実施しました。

平成26年4月1日 危機管理課にセーフコミュニティ担当が設置されました

 セーフコミュニティ活動を推進するため、危機管理課にセーフコミュニティ担当が設置されました。

平成26年5月22日、23日 甲賀市セーフコミュニティ事前審査を視察しました

 事前審査は、本審査を円滑に行うためのリハーサルのような位置づけで、甲賀市では、韓国・台湾の認証審査員が出席するなか、自殺対策、交通安全対策、高齢者の安全対策、子どもの安全対策、災害対策の5つの分野についての取組みが報告されました。

平成26年6月5日 セーフコミュニティ活動開始宣言式、セーフコミュニティ職員研修会を実施しました

 安全・安心のまちづくりと国際認証の取得を目指して、セーフコミュニティの活動開始を宣言し、セーフコミュニティ支援センターである日本セーフコミュニティ推進機構の白石氏に活動着手の書簡を提出しました。

 また、宣言式終了後には、白石氏を講師に迎え、セーフコミュニティの概要についての職員研修会を実施しました。

平成26年7月18日、19日 セーフコミュニティ研修会に参加しました

 日本セーフコミュニティ推進機構が主催するセーフコミュニティ研修会に出席しました。

 研修会には、各地からセーフコミュニティ活動に取り組む自治体が参加し、活動導入から認証申請までのポイントの講義や参加自治体の取組みの紹介、今後、本市でも設置する外傷サーベイランス委員会の事例検討、また海外からのゲストによる基調講演が行われました。

平成26年11月10日、11日 北本市セーフコミュニティ現地審査を視察しました

 埼玉県北本市でセーフコミュニティの国際認証に向けた現地審査(本審査)が行われました。

 北本市では、自殺対策、子どもの安全対策、犯罪の防止対策、交通安全対策、高齢者の安全対策、災害時の安全対策の6つの対策委員会が設置されており、委員会設置の経緯やこれまでの取組、今後の方向性などについて報告されました。

平成27年1月31日 セーフコミュニティフォーラム~関西セッション~に参加しました

 京都府亀岡市で「セーフコミュニティフォーラム~関西セッション~」が開催されました。

 第1部は「子どもたちを守る!地域の安全力をもっと元気に!~身を守るコツ、パトロールのコツ~」と題して、うさぎママのパトロール教室主宰の武田信彦氏による基調講演が行われました。第2部では、セーフコミュニティに取り組む亀岡市・松原市・甲賀市・本市の対策委員会委員の情報交流会が行われ、本市からも高齢者の安全対策委員会委員が参加し、セーフコミュニティに取り組んでよかった点や課題などを議論しました。

平成27年2月14日 北本市セーフコミュニティ認証式典に参加しました

 埼玉県北本市でセーフコミュニティ認証式典が開催されました。

 北本市長の挨拶の後、第一部は台湾・韓国の各地域安全向上センター長、セーフコミュニティとわだをすすめる会会長による記念講演、第二部では認証合意書の署名式や認証盾・認証旗の贈呈が行われました。

 北本市は、国内で10番目のセーフコミュニティ認証取得自治体となります。

平成27年7月16日、17日 厚木市セーフコミュニティ現地審査を視察しました

 神奈川県厚木市でセーフコミュニティの国際認証の再認証に向けた現地審査(本審査)が行われました。

 厚木市では、交通安全対策、自転車生活の安全対策、体感治安と公共の場における安全対策、子どもの安全対策、高齢者の安全対策、暴力・自殺の予防対策、職場(労働)の安全対策、防災対策の8つの対策委員会が設置されており、そのうち、交通安全、自転車生活の安全、暴力・自殺の予防対策委員会以外の5つの対策委員会から、前回認証を受けてから今回の本審査までの間の展開や新たな課題などについて報告されました。

平成27年7月24日、25日 セーフコミュニティ研修会に参加しました

 日本セーフコミュニティ推進機構が主催するセーフコミュニティ研修会に参加しました。1日目の午前中には、新たにセーフコミュニティに取り組むことになった職員向けの研修会として、活動開始から認証申請までの流れや留意点について説明がありました。午後からは全国各地からセーフコミュニティに取り組む自治体が参加し、先進自治体の取組紹介、海外の指導員の基調講演及び意見交換会がありました。

平成27年10月15日、16日 泉大津市セーフコミュニティ事前指導を開催しました

 10月15日、16日にテクスピア大阪にて泉大津市セーフコミュニティ事前指導を開催しました。

 事前指導は海外から指導員を招き、国際認証の取得への本審査に備えて、セーフコミュニティの考え方や認証基準に沿った取組みが行われているかを確認し、今後の取組みに向けてアドバイスをいただくものです。

 当日は、6つの分野別対策委員会などから、委員会の構成やこれまでの取組みの経過、議論で話し合われた課題等についての報告が行われ、報告の間には子どもの見守りパトロールや交通安全教室といった現地視察も行われました。

 指導員からは各対策委員会にさまざまな分野の方が参加し、よい協働ができていることやデータから重点課題、取組みへのしっかりとした流れあるといった評価をいただきました。

平成27年10月21日、22日 甲賀市セーフコミュニティ現地審査を視察しました

 滋賀県甲賀市で国際認証の取得に向けて現地審査(本審査)が開催されました。本市の対策委員会委員や事務局が視察しました。

 市の概要説明や各対策委員会からの活動報告が行われ、高齢者と子どもが一緒になって警察署員から道路の歩き方や交差点の渡り方を学ぶ交通安全教室や高齢者の交通安全対策として、反射材の靴への貼付などの取組みも披露されました。

平成27年11月22日~25日 第22回セーフコミュニティ国際会議に出席しました

 第22回セーフコミュニティ国際会議がタイ王国ナーン県ムアンナーン郡で開催され、市長他3名の職員で参加しました。
 タイ王国はアジアで初めてセーフコミュニティの認証を受けたコミュニティがある国で、地域力が高いとの評価を得ています。今回、新たにムアンナーン郡が認証を取得するにあたり、あわせて国際会議が開催されました。
 会議では、各国からの参加者による講演会や取組みの発表を聞くことができました。また、現場視察では、住民による報告や取組紹介がありました。「行政の助けを待つ必要はない。自分たちの家なのだから自分たちでできることをすればよい」との考えから地域災害センターを自分たちで設立し、各家庭から徴収するお金で基金を立ち上げ、災害時に備えていました。

平成27年12月3日~5日 フカキ夢・ひとづくり海外派遣研修で台湾のセーフコミュニティを視察しました

 「深喜人材育成基金」を活用し、今年度は「セーフコミュニティ」をテーマに海外派遣研修が行われ、6人の研修生が現在活発にセーフコミュニティ活動が行われている台湾・台北市を視察し、先進事例を学びました。

 研修生は、台湾セーフコミュニティ推進センターによる講義やシンポジウムを通じて台湾での活動の現状を学び、台北市内の3つの区を訪問し、「公共の場の安全」や「学校の安全」、「川辺の安全」についての取組事例を視察しました。

平成28年1月29日 鹿児島市セーフコミュニティ認証式典に参加しました

 1月29日、鹿児島県鹿児島市でセーフコミュニティ認証式典が開催されました。国内では12番目の認証自治体となります。

 式典では、これまでの取組みの紹介や記念講演、合意書署名や認証報告、認証盾・旗の授与が行われました。

平成28年1月30日 第4回日本セーフコミュニティ定例会に参加しました

 鹿児島市の認証式典に併せて、1月30日に日本セーフコミュニティ推進機構主催の日本セーフコミュニティ会議が開催されました。

 会議にはセーフコミュニティに取り組む12の自治体が出席し、各自治体の進捗状況や来年度のスケジュールなどについて話し合われました。

平成28年2月20日 甲賀市セーフコミュニティ認証式典に参加しました

 滋賀県甲賀市でセーフコミュニティ認証式典が開催されました。

 第一部では、合意書署名式が執り行われ、第二部では前近畿管区警察局長やセーフコミュニティ公認認証審査員による記念講演会、各対策委員会の活動紹介など市の取組説明が行われました。

 甲賀市は、国内で13番目に認証を取得しました。

お問い合わせ
危機管理課