交通安全対策委員会

 対策委員会は地域の重点項目となる分野に対して、取組みを具体的に実施・展開する組織です。

設置経緯(本市の事故やけがの状況)

・外傷による救急搬送では「交通事故」が最も多い。

・人口10万人あたりの「交通事故」の発生件数・負傷者数が、全国や大阪府と比べて多い。

委員(12名)

所属団体                                令和元年9月現在

交通安全協会 大阪府泉大津警察署
青少年指導員協議会 大阪府鳳土木事務所
PTA協議会 自転車販売店組合
防犯委員会 市民
泉大津市小中学校校長会 南海バス
老人クラブ連合会

 

委員会開催経過

令和元年度 交通安全対策委員会開催経過                   令和元年9月現在

開催日 主な内容
第43回 令和元年5月23日

・令和元年度SC交通安全対策委員会年間活動予定について
・春の交通安全運動週間の報告について
・交差点通知簿(高齢者向け)の運用開始に向けて

第44回 令和元年7月18日

・交差点通知簿(高齢者向け)の試験的実施


平成26年度 交通安全対策委員会開催経過 (PDF:64.9KB)

平成27年度 交通安全対策委員会開催経過 (PDF:94.4KB)

平成28年度 交通安全対策委員会開催経過 (PDF:93KB)

平成29年度 交通安全対策委員会開催経過 (PDF:71.6KB)

平成30年度 交通安全対策委員会開催経過 (PDF:64.6KB)
 

ワークショップの様子 交通安全路面標示

交通安全教室の実施

 交通安全対策委員会では、交通ルール・マナーといった安全意識の向上を図るため、交通安全教室を実施しました。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。