子どもの安全対策委員会

 対策委員会は地域の重点項目となる分野に対して、取組みを具体的に実施・展開する組織です。

設置経緯(本市の事故やけがの状況)

・一般負傷による救急搬送が「0~14歳」で多い。

・けがをした小学生までの子どもの約7割が「転倒・転落」によるものとなっている。

委員(12名)

所属団体                               平成29年3月現在
教育支援センター PTA協議会
子ども会指導者協議会 大阪府警友会泉大津支部
地域教育協議会 少年補導協助員
園長所長会 小・中学校長会
教育委員会教育総務課 教育委員会指導課
教育委員会生涯学習課 泉大津市こども未来課

 

委員会開催経過

平成28年度子どもの安全対策委員会開催経過             平成29年3月現在

開催日 主な内容
第18回 平成28年4月26日

・「子どもの安全マップ」作成進捗状況の報告(校正)
・スマホ対策の取組みについて
・成果指標等の設定について

第19回 平成28年5月23日  ・「子どもの安全マップ」最終原稿確認
 ・スマホサミットについて
 ・成果指標等の設定について
 ・現地審査実施計画書について
 ・分野別対策委員会等の活動報告要領について
第20回 平成28年6月28日  ・「子どもの安全マップ」(完成版)の配布
 ・現地審査のリハーサル
 ・スマホサミットについて
第21回 平成28年7月26日

・現地審査及びスマホサミットのスケジュール等について
・自宅の事故防止の取組みについて

第22回 平成28年9月29日  ・自宅の事故防止の取組みについて
 ・平成29年度子どもの安全対策委員の選出について
 ・認証式典及び認証祝賀会の開催について
第23回 平成28年11月10日

・自宅の事故防止の取組みについて
 「子どものけが(屋内)予防カレンダー」

第24回 平成29年1月17日  ・分野別対策委員会正副委員長会議について
 ・自宅の事故防止の取組みについて
  「子どものけが(屋内)予防カレンダー」の作成
  →ワークショップの実施について
  →カレンダーのデザイン概要について
第25回 平成29年3月23日

・自宅の事故防止の取組みについて
 「子どものけが(屋内)予防カレンダー」の作成
 →カレンダーのデザイン概要について
 →ワークショップの実施について

 

平成26年度 子どもの安全対策委員会開催経過 (PDF:64.6KB)
平成27年度 子どもの安全対策委員会開催経過 (PDF:95.9KB)

 

ワークショップの様子  ワークショップで出た意見

子ども安全マップ

 子どもの安全対策委員会では、子どもの交通事故が多いことから、危険箇所の周知を図るために、安全マップを作製することとしました。

 安全マップは、市内小中学校に通う子どもの保護者に対し、校区において危ないと思う箇所をアンケート調査し、その結果回答の多かった箇所を小学生と一緒に現地確認し、完成しました。

 市内小学校に通う子どもに配布をします。マップは書き込めるようになっており、自分で危険だと感じる箇所に印をつけるなどし、オリジナルマップが作製できるようになっています。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
危機管理課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか