避難行動要支援者の支援制度を進めています

 東日本大震災の教訓を今後に生かし、災害対策の強化を図るため、平成25年6月に災害対策基本法が改正されました。この改正により、円滑かつ安全な避難を確保するための措置などが拡充され、市町村には要介護者や障がいのある方などで災害時に自力で避難が困難な方(避難行動要支援者)の名簿作成が義務付けられ、本市でも取組みを進めています。

 市では避難行動要支援者名簿の更新を行っているほか、新規登録も随時受け付けておりますので、災害時の避難に不安がある方等は是非ご相談ください。

避難行動要支援者支援制度とは

 災害時における避難行動要支援者の支援に役立てるため、避難行動要支援者名簿を作成します。名簿掲載者のうち、情報提供の同意が得られた方の名簿情報(住所、氏名、生年月日、性別、電話番号、避難支援などを必要とする事由)を地域の避難支援等関係者(自治会、自主防災組織、民生委員・児童委員、福祉委員、社会福祉協議会など)へ提供し、災害時の避難支援や安否確認などに役立てるとともに、平常時の地域での見守りや避難訓練等の支援にもつなげていきます。

避難行動要支援者の登録対象者は

 次のいずれかに該当し、生活の基盤が自宅にあり、家族などの支援が困難で避難に何らかの支援を必要とする方

  • 介護保険要介護者3・4・5の人
  • 身体障がい者1・2級の人
  • 知的障がい者(療育手帳A)の人
  • 精神障がい者保健福祉手帳1級の人
  • 生活保護受給世帯で災害発生時に援護が必要な人
  • 乳幼児(ひとり親家庭で就学前児童が2人以上の世帯)の保護者とその子
  • 上記以外で本人からの申し出又は市が災害時に支援が必要と認めた人

登録申請方法

 登録を希望される方は、下の同意申請書と個別計画に必要事項をご記入のうえ危機管理課の窓口までご提出いただくか、ファックス(0725-21-0412)にて送信してください。

 新規登録の受付は随時行っております。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか