自然災害への備えに関する要配慮者利用施設管理者に対する説明会を開催しました

 近年、全国各地でさまざまな自然災害が発生しており、とりわけ、昨年8月に岩手県に上陸した台風第10号により、岩手県管理河川である小本川が決壊し、高齢者福祉施設で多くの方が犠牲になるなどの被害が発生しました。
 これを受け、災害対策について市内の要配慮者利用施設の管理者向け説明会を国土交通省、大阪管区気象台、大阪府と共催のもと下記のとおり開催しました。
 

説明会

日 時 : 平成29年3月23日(木曜日)

     午前の部 10時00分 ~ 12時00分

     午後の部 15時30分 ~ 17時30分

場 所 : 泉大津市役所 3階 大会議室

内 容 :1.あいさつ

     2.日頃の災害への備え

     (1)災害への備えについて

                    1. 今回説明会の経緯

                    2. 大阪で起こりうる自然災害

                    3. 災害リスクの把握

                    4. 避難情報の入手と活用

                    5. 避難確保計画の作成

(2)防災気象情報の利活用について

   1. はじめに

   2. 段階的に発表する防災気象情報の紹介

   3. 防災気象情報の入手方法の紹介

   4. 気象台からのお願い

(3)泉大津市からの防災情報

説明会風景

説明会資料

 要配慮者利用施設の管理者のみなさまへ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
危機管理課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか