平成30年11月5日 津波避難訓練を実施しました!

 東日本大震災の教訓を踏まえ、今後発生が予想されている南海トラフ巨大地震などの海溝型地震による津波の発生を想定し、津波避難訓練を実施しました。

 訓練想定は、午前10時00分に紀伊半島沖でマグニチュード9.0の海溝型地震が発生し、同10時03分に大津波警報発表に伴う避難指示が発令されたものです。

 

 訓練には、総勢約3,000人の児童・市民が参加。

 対象地域の同報系防災行政無線の拡声器から流れる避難指示を合図とし、泉大津市に津波が到達すると予想される95分以内に、全員が避難を完了することができました。

 

 いざという時に備え、避難経路等の再確認ができる訓練になったと思います。

 なお、1854年のこの日に安政南海地震が発生したことから、11月5日は「津波防災の日」と定められております。

H30tunamisinonome1

H30tunamisinonome2
H30tunamiasahi1
H30tunamisinonome3
H30tunamisinonome4

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。