平成31年1月27日 避難所開設・運営の実地訓練を実施しました

 市では、平成31年1月27日(日曜日)、上條小学校において大地震による被災住民が避難所に避難することを想定した避難所開設・運営の実地訓練を実施しました。訓練には、自主防災組織等の団体から約50人が参加しました。

 災害初期の混乱状態では、市職員だけでは開設・運営が困難であるため、地域住民が避難所を運営しなければならない可能性が十分にあります。

 今回の訓練は、そのような場合に的確に対応できる状況判断能力の向上を図ることを目的としているため、避難所の開設方法や避難生活物品の使用方法、炊き出し等を実際に体験をしていただきました。

 参加者は、避難所を開設した際の受付の体験や防災倉庫の防災資機材の確認、体育館ではロールマットを敷き、仕切りパネルを組み立てて避難スペースを確保したり、非常用トイレの設置等、避難生活場所を整備し、訓練に積極的に参加しました。

 

 

受付

避難所を開設する訓練

避難スペース確保訓練

避難スペースを確保する訓練

避難生活物品の使用法訓練

避難生活物品の使用法訓練

電力を確保する訓練

電力を確保する訓練

非常食の炊き出し訓練

非常食の炊き出し訓練

防災倉庫を見学

防災倉庫内を見学

お問い合わせ
危機管理課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。