フカキ夢・ひとづくり賞

フカキ夢・ひとづくり賞とは

 この賞は、深喜毛織株式会社の寄附金をもとに、本市の発展につながる人材の育成を目的として、本市産業の振興、文化・学術、社会及びスポーツなどの分野において、顕著な成果を挙げると共に、今後その分野で専門的な活動を志し、将来の活躍が期待できる個人や団体に対して、審査の上、奨学資金を交付するものです。
 なお、被奨励者となった方には、以後に広く市民に向けた活動を行い、市政の発展向上に寄与いただく活動をお願いしています。

対象者

 7つの「奨励部門」のいずれかにおいて、顕著な活動成果を挙げ、今後その分野で専門的な活動を志し、将来の活躍が期待できると認められる個人や団体で、次の項目に該当する方。

【個人】
・市内在住または在勤であること。

【団体】
・市内に活動の拠点を有し、3人以上で構成される団体で、構成員の半分以上が市内在住(市内在勤または在学を含む)であること。
・市から補助金や助成金の交付を受けていないこと。
・政治活動、宗教活動を目的としていないこと。

※過去に奨励を受けている場合は、個人は奨励を受けた年度から2年度以上を経過していることが必要です。また、団体は過去に奨励を受けた部門については対象外となります。

奨励部門

  • 産業部門   デザイン、ファッション創作活動や地場産業の振興発展などの分野
  • 文化部門   文化、芸術の創作活動や伝統芸能などの継承発展の実践、その他文化活動の分野
  • 学術部門   学術、語学などの習得を極める分野
  • スポーツ部門 スポーツ技術の向上や振興などの分野
  • 社会部門   日常の活動を通して、市民生活の向上発展に寄与する分野
  • 環境部門   日常の活動を通して、環境の保全や創造に寄与する分野
  • その他の部門 上記のほか市長が適当と認める分野

奨学資金の額

個人…1人50万円

団体…1団体100万円

募集時期

 フカキ夢・ひとづくり賞の募集は、例年、11月頃の広報紙や市ホームページなどで行います。詳細については、別途、お知らせします。

近年の受賞者

【平成26年度】

 伊藤 美智子(いとう みちこ)さん(個人、文化部門)

 表現運動・ダンスなどに関する多数の学術論文を発表し、日本女子体育連盟のJAPEW研究奨励賞を受賞。知的障がい者へのダンス指導を精力的に行うなど、今後も活躍が期待できるとして、受賞が決定しました。

【平成27年度】

 該当者なし

【平成28年度】

 城村 紗智(しろむら さち)さん(個人、文化部門)

 全日本学生音楽コンクール大阪大会で第1位、全国大会で入選と同時に横浜市民賞を受賞。その後、新国立劇場オペラ研修所に17期生として入所し、国内外でオペラ研修を受けると共に、多数のオペラ公演会に出演し、今後も活躍が期待できるとして、受賞が決定しました。

オペラ「ドン・パスクワーレ」に出演する城村さん

ドニゼッティ作曲のオペラ「ドン・パスクワーレ」
のノリーナ役で出演する城村さん(写真左側)

【平成29年度】

 該当者なし

受賞者のその後

 受賞者のその後の活動としまして、伊藤美智子さん(個人、文化部門)の平成28年度中の主な活動を紹介します。

<小学校の特別支援学級での活動>
 3小学校(旭、楠、条東)の特別支援学級の児童を対象に、延べ8回にわたり、ダンスワークショップを実施されるとともに、平成28年11月には泉大津市文化祭「ごかんのおまつり」において、同校の有志児童によるプログラム出演をされています。

<障がい者施設(NPO法人)での活動>
 市内2か所の障がい者施設の利用者を対象に、延べ21回にわたり、ダンスワークショップを実施されています。

<ダンス公演会における活動>
 平成29年3月に開催されたダンス公演会「TAKE OFF ~フルスロットル~ 進め、心の赴くままに」のプログラムのひとつとして、上記、市内障がい者施設のダンスワークショップ参加者による作品発表(ダンス公演)をされています。

 

【小学校の体育館で音楽に合わせて表現運動を行う児童】

平成26年度受賞者の写真2

お問い合わせ
企画調整課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか