地域防犯カメラの設置を支援します!

市では、現在セーフコミュニティ国際認証取得に向けて、市全体で安全安心なまちづくりに取り組んでいるところですが、この取り組みを推進するため、自治会に対し、防犯カメラ設置にかかる費用の一部を補助します。

※平成27年度の募集は終了しました。

補助対象者

自治会(市に自治会として届出のある団体)

補助対象経費

1.防犯カメラの購入費、取付工事等設置に要する費用一式

2.防犯カメラの設置を示す看板及び防犯カメラの設置地域であることを示す看板等の設置費

3.この要綱による補助を受けて設置した防犯カメラの修理に要する費用

    ※保守費及び電気料金等の維持管理費は対象となりません。

補助率・補助限度額

補助対象経費の50%(千円未満切捨)で1台につき上限15万円(修理は1台につき上限3万円)

補助にあたっての条件

1.「泉大津市自治会における防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」に適合する防犯カメラの管理運用に関する規程を策定し、個人のプライバシー保護に配慮した運用を行ってください。 

2.設置場所は、可能な限り泉大津警察署の助言を受けてください。

3.防犯カメラの撮影対象区域内の住民等の同意を得てください。

4.防犯カメラの設置を示す看板を取り付けてください。

5.防犯カメラは、継続して6年以上設置してください。

 

【カメラの性能・機能等】

・防犯カメラは、カメラ本体に映像を記録する機能を備えたもので、設置に当たっては不特定多数の者が利用する場所に向けて常設してください

カメラの性能・機能

撮影機能

有効画素

38万画素以上



人物等が特定できる画質であること。

※赤外線照射機能付もしくは被写体照度0.5ルクス以上の性能をもつカメラが目安となります。

録画機能




カメラに内蔵されており、記録媒体(SDカード)に記録される方式であること




7日(1日24時間)以上

※夜間は動体検知撮影可




4コマ以上(1秒あたり)

 

申請期間

1.申請期間 平成27年7月1日(水曜日)~8月10日(月曜日)

2.受付時間 午前8時45分~午後5時15分

3.申請場所 泉大津市役所1階 人権市民協働課(2番窓口)

※平成27年度の募集は終了しました。

提出書類

   イ 防犯カメラの設置予定箇所の位置図と現況写真

   ウ 防犯カメラの撮影対象区域を記載した平面図

   エ 防犯カメラの購入等に係る見積明細書の写し

  (※複数台設置の場合、一台ごとにかかる費用が分かるようにしてください)

   オ 防犯カメラの概要が分かるカタログ等の書類

 

要綱等

その他

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
人権市民協働課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか