淡輪三昧(飯田家墓所)(小松町)

飯田家は、戦国時代に泉南淡輪地方を中心に活動した豪族・淡輪氏の子孫と伝えられています。

この墓所には、飯田家累代の墓碑のほかに、淡輪氏ゆかりのものと思われる古い五輪塔や塔婆が30基ほど並んでいて、昔から淡輪三昧とも呼ばれています。

淡輪三昧

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ
秘書広報課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。