災害時における地図製品等の供給に関する協定をゼンリンと締結(平成26年6月20日)

 泉大津市(伊藤晴彦市長・人口約76,000人)は6月16日、株式会社ゼンリン(社長:高山善司、本社住所:福岡県北九州市)と、災害時の住宅地図の供給・利用等を目的とした協定を締結した。

 今後、災害発生時に住宅地図の複製利用ができるほか、防災及び災害対応業務に住宅地図配信サービス「ZNET TOWN」を利用できる環境の提供や、平常時から防災に関する情報交換を行う事により防災力の向上につなげていく。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。