新型インフル 妊婦にマスクを無料配布(平成21年5月19日)

 新型インフルエンザの府内感染により、市内小売店でマスクの品切れ状態が続く泉大津市は、治療薬服用の安全性が懸念される妊婦に対し、感染予防対策として、5月20日(水曜日)~6月30日(火曜日)まで市役所などでマスクを無料配布することに決めた。

 無料配布の対象となるのは泉大津市民の妊婦。配布は市役所(東雲町9番12号)と市保健センター(宮町2番25号)の2箇所で行われる。配布時間は午前9時~午後5時の間。母子手帳を提示すると5枚1セットとなったマスクを受け取ることができる。(一人一回限り)。

 神谷昇泉大津市長は「妊婦の方は治療薬服用の安全性が懸念されており、感染すると重症化する危険性がある。予防対策として今回の配布を決めた」と話している。

 また、同市では19日、市長による流行警戒宣言を発表。流行警戒宣言と当面の対応(5月19日~5月24日)を、「緊急のお知らせチラシ」として、市長を含む市職員約60名の手により市内全世帯(約33,000世帯)に戸別配布も始めている。対応の内容は次のとおり。

1.市立保育所(7園)・幼稚園(8園)・小学校(8校)・中学校(3校)の休校 ※私立についても同様の要請 。

2.高齢者通所施設(12施設)・障害者通所施設(5施設)に対する休業要請。

3.図書館・公民館・総合体育館などの公共施設の休館(20施設)。

4.市主催の行事の中止または延期。

5.多くの市民が参加する市内での各種イベント・講座・教室・集会等の中止要請。

新型インフルエンザ流行警戒宣言

 市民・事業者の皆様には、市や府、国が発信する情報に注意していただくとともに、次のことに留意し、冷静に対応してくださるよう、ご理解とご協力をお願いします。

1.今回の新型インフルエンザは、季節性インフルエンザに近い症状であり、タミフルなどの有効な治療薬がありますので、冷静に対応してください 。

2.咳エチケット・手洗い・うがい・洗顔やマスク着用など、日頃からのインフルエンザ感染予防対策を行ってください。

3.外出にあたっては、不要不急の外出は自粛(じしゅく)し、なるべく人混(ひとご)みを避けてください。電車など、公共交通機関を利用する場合にはマスクを着用するなど、十分な予防対策を行ってください。

4.事業者については、事業運営において感染機会を減らすための工夫を検討されるようお願いします。

平成21年5月19日

泉大津市長 神谷 昇

お問い合わせ
危機管理課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。