鯉のぼりが泳ぐ、院内待合ホール(平成21年4月13日)

真鯉、緋鯉、子鯉親子に色鮮やかな「吹き流し」が色添え

 泉大津市立病院の2階待合ホールに、飾られている真鯉・緋鯉の夫婦に昨年子鯉が誕生し、3匹が仲良く泳ぎ来院患者たちの心を和ませている。

 これは、病院の登録ボランティア「ほほえみ」が、鯉のぼり2匹を手作りし院内に泳がせたのに引き続き、昨年は、泉大津市社会福祉協議会のボランティアさわる絵本「そよかぜ」と市立穴師幼稚園の協力を得て、こどもの鯉を手作りしたもの。大きさは真鯉より一回り小さく約4mの長さで、園児たちのかわいい青い手形が「うろこ」となって、病院の中を元気に泳いでいる。

 今年は、初めて鯉のぼりを作製したときに、指導してもらった、堺市在住の手描き鯉のぼり職人から昨年、寄贈してもらった「吹き流し」を流して、いっそう彩り鮮やかとなっている。

 病院の登録ボランティア「ほほえみ」は現在14人で活動し、これまでも来院患者の受付手続き補助や院内案内、必要書類の整理などのボランティア活動を続け、その傍ら正面玄関の壁面に夏には海の風景、冬には雪だるま、春には満開の桜の木など四季折々の風景を折り紙で飾り付け、来院患者の心を和ませてきた。

 「ほほえみ」のメンバーは、「3年前に真鯉を泳がせて以来、緋鯉とこどもの鯉と3匹仲良く泳ぐ姿で患者様への「いやし」となれば」と話していた。

 

市立病院内の待合ホールに飾られた鯉のぼり

市立病院内の待合ホールに飾られた鯉のぼり

市立病院内の待合ホールに飾られた鯉のぼり

市立病院内の待合ホールに飾られた鯉のぼり

お問い合わせ
〒595-0027 泉大津市下条町16番1号 市立病院事務局総務課
電話番号:0725-32-5622(代表) ファクス:0725-32-8056

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。