文化財消防訓練を実施(平成22年1月25日)

 泉大津市消防本部(消防長・木谷保)では、1月25日に市内重要文化財施設の泉穴師神社(同市豊中町1-1-1)で、氏子により編成された自衛消防隊と合同で文化財消防訓練を実施した。

 これは、1月26日の「第56回文化財防火デー」にちなみ行ったもので、訓練では拝殿付近から出火したとの想定で消防署へ119番通報、自衛消防隊が境内に配置された屋外消火栓と放水銃を使用し、初期消火を行うとともに重要文化財を手際よく搬出した。

 一方消防本部からは、はしご車など消防車4台と署員11名が出場、拝殿に向かって一斉放水し建物を水幕で包み込んだ。また、訓練終了後、神社内の電気設備や自動火災報知設備などの検査も行い、関係者も真剣な表情で聞き入り立ち会っていた。

 当神社は、豊臣秀頼の命により建立された由緒ある建物で、本殿を始め摂社、御神体等の数多くが重要文化財に指定されている。

本殿に放水銃で水をかける氏子

本殿に放水銃で水をかける氏子
拝殿にはしご車で放水する消防隊員
拝殿にはしご車で放水する消防隊員
拝殿に放水する消防隊員
拝殿に放水する消防隊員
お問い合わせ
〒595-0024 大阪府泉大津市池浦町1-9-9 消防本部
電話番号:0725-21-0119

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。