選挙期日(投票日)の投票

 投票は、選挙期日(投票日)に有権者が自ら投票所に出かけて行うのが原則です。

 投票日の時間は午前7時から午後8時までです。

 選挙人名簿に登録されている人には、投票所入場整理券を世帯ごとに郵送します。投票所入場整理券は、投票の際に選挙人名簿の本人照合に使いますので、持参してください。

 なお、投票所入場整理券が届かなかったり、なくしてしまった場合でも、選挙権がある人は、本人であることが選挙人名簿で確認できれば投票ができます。

 ※ 目が不自由な人のための点字投票や、身体の障がいなどによって自分で字が書けない人のための代理投票の制度が設けられています。

点字投票

 目の不自由な人で、通常の文字が書けない人には、点字による投票が認められています。

 この場合、点字によって投票しいたいことを投票管理者に伝えると、投票管理者が点字投票用紙を交付しますので、その投票用紙に備え付けの点字器で候補者の氏名や政党名を記載して投票することができます。

代理投票

 手や腕の障がいなどで文字の書けない人が、他の人に投票用紙の記入をしてもらう方法が代理投票です。

 投票所で投票管理者に申請することによって行うことができます。

 投票管理者は、代理投票の理由があると認めたときは、投票立会人の意見を聞いて、まず、代理投票補助者2人を決めます。このうち1人の補助者が選挙人の支持する候補者の氏名や政党名を記載し、他の1人がこれに立ち会うことになります。

お問い合わせ
選挙管理委員会事務局

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか