在外投票

外国にお住まいの方に国政選挙に参加していただくための制度です。

対象となる選挙は、衆議院議員及び参議院議員の選挙です。

ただし、あらかじめ日本国内の最終住所地の市選挙管理委員会の在外選挙人名簿に登録されなければなりません。

なお、最終住所地で転出届が未提出となっている方は、登録できません。

登録資格

日本国籍をもつ年齢満18歳以上の方で同一の領事官(日本国大使や総領事)の管轄する区域内に引き続き3ヶ月以上お住まいの方。

申請時に3ヶ月以上住所を有している必要はありません。海外に3ヶ月以上居住する方は、旅券法により在留届を出していただくことになっており、この在留届の提出と同時に申請書を提出することができます。

 

申請の方法

申請者本人又は申請者の同居家族等が、直接お住まいの住所を管轄する大使館や総領事館の窓口に申請してください。

なお、申請書は在外公館にあります。

申請書の添付書類

 

 

 

(イ)申請者本人による申請

 

 〈1〉旅券

 〈2〉居住証明書(住居の賃貸借契約書、住民登録証等)

 

(ロ)同居家族等を通じた申請

 
 

 上記〈1〉〈2〉に加え

    〈3〉同居家族等の方の旅券

    〈4〉申出書

投票の方法

在外公館投票

投票記載場所を設置している在外公館で、在外選挙人証と旅券等を提示して投票することができます。

郵便投票

在外選挙人名簿に登録されている市区町村選挙管理委員会へ在外選挙人証を同封のうえ投票用紙を請求し、郵便により投票することができます。

日本国内における投票

選挙の時に一時帰国した場合や帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間は、在外選挙人証を提示して国内の方法を利用して投票することができます。

お問い合わせ
選挙管理委員会事務局

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか