社会教育委員会議

社会教育委員

 社会教育行政に、住民の意向や地域の実態が反映されるよう、様々な立場からの意見を取り入れるための制度として社会教育法に規定され、委員は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から、泉大津市教育委員会が委嘱しています(任期2年、委員の定数7人)。

社会教育委員の職務

1.社会教育委員は、社会教育に関し教育委員会に助言するため、次の職務を行う。

  • 社会教育に関する諸計画を立案すること。
  • 定時又は臨時に会議を開き、教育委員会の諮問に応じ、これに対して、意見を述べること。
  • 上記の職務を行うために必要な研究調査を行うこと。

2.社会教育委員は、教育委員会の会議に出席して社会教育に関し意見を述べることができる。

3.社会教育委員は、教育委員会から委嘱を受けた青少年教育に関する特定の事項について、社会教育関係団体、社会教育指導者その他関係者に対し、助言と指導を与えることができる。

社会教育委員会議

平成30年度第2回社会教育委員会議を開催いたしました。

議事概要は下記のとおりです。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
生涯学習課
電話番号:0725-33-1131(代表) ファクス:0725-33-0670

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。