生涯学習フォーラム2「つながりからはじまる学びの環」を開催しました

フォーラムの風景

 平成28 年2 月28日(日曜日)午後1 時30 分からテクスピア大阪小ホールにおいて、昨年にひきつづき生涯学習フォーラムを開催いたしました。
 昨年のフォーラムでは「学ぶ」を「届ける」ことが議論されました。今年度はそこから生まれた「学びの環」の活動報告と今後の方向性について、約80人の来場者全員が参加者となって、活発な議論が行われました。 

 前半は、大学連携事業における活動報告がありました。「スポーツでつくる学びの環」と題する冨山浩三氏(大阪体育大学教授)の報告では、スポーツ人口の増加と、子どもたちの体力向上を目標とし、その達成のために総合型スポーツクラブを創設することで、地域の課題解決と地域の可能性を引き出すことをめざすと語られました。
 「桃山学院大学との連携事業報告」と題する井上敏氏(桃山学院大学准教授)の報告では、今年度実施した戦後70周年関連事業を通じて「地域の記憶をどう記録しどう残すか」という視点から、「次代へつなぐ学びの環」の重要性について話されました。

 後半は、前半の報告を受けて、コーディネーターの岡崎裕氏(和歌山大学教授)から、「次の泉大津」をつくるために、「全ての市民を結集」して、いかに「次の世代へバトンタッチ」するのかというテーマが与えられました。市長、教育長、社会教育委員会議長と活動団体や市民との意見交換会を実施しました。

 最後に冨田教育長が「今後は具体的に何をしていくのかが必要となります。市民、大学の先生、団体、参加者の皆さんが一緒に参画していただき、よりいいものをつくっていきましょう」と締めくくりました。

パネル展示風景
パネル展示風景

 また、当日には、同会場にて、これまでの大学連携事業や大学生の参画、地域団体の地域還元活動をパネル展示しました。

お問い合わせ
生涯学習課
電話番号:0725-33-1131(代表) ファクス:0725-33-0670