特別支援教育就学奨励費制度について

    泉大津市では市内の小・中学校に在籍し、心身に障がいのある小中学校の児童生徒の保護者で、所得が認定基準以下の方を対象に、児童生徒の就学に要する経費の負担を軽減するため、必要な援助を行います。この制度によって、小学校及び中学校での学習にかかる学用品費、通学用品費などの一部が援助されます。


     

援助を受けられる保護者

次の1または2に該当する保護者

1  特別支援学級に在籍する児童生徒の保護者

2  通常の学級の児童生徒で学校教育法施行令第22条の3に規定する障がいの程度に該当する児童生徒

    ただし、学校教育法施行令第22条の3に該当する児童生徒については、身体障害者手帳または療育手帳の写し、医師の診断書(必ず添付)が必要となります。また、生活保護受給者、就学援助金認定者の方は重複して、受給することはできません。

 

 

認定要件の算定基準

 平成31年1月から令和元年12月までの全世帯の所得の合計金額が需要額(生活保護基準額)の2.5倍未満であること。認定要件の算定基準については、所得控除の内容、家族の人数、年齢等により基準額は変わります。認定後支給されるまでは、保護者の立替払いとなります。

補助対象経費及び支給額

 補助対象経費は、学用品購入費、通学用品購入費、校外活動費(宿泊を伴わないもの)、校外活動費(宿泊を伴うもの)、修学旅行費、学校給食費、新入学児童・生徒学用品・通学用品購入費です。

 認定の場合、支給額については、学用品購入費、通学用品費購入費、校外活動費(宿泊を伴わないもの)、校外活動費(宿泊を伴うもの)、修学旅行費、新入学児童・生徒学用品・通学用品購入費は、教育委員会が定める額の範囲内で、実費相当額の2分の1、学校給食費については、実費相当額の2分の1です。

   学用品購入費、通学用品購入費は、令和2年2月1日から令和3年1月31日まで購入したものが対象です

  新入学児童・生徒学用品・通学用品購入費(新1年生のみ)は入学にあたって令和2年1月1日から令和2年4月30日まで購入したものが対象です。

    ご家庭で購入されたものについては、領収書が必要となります。領収書の提出については、認定の方は後日案内をいたしますので、なくされないように大切に保管しておいてください。(領収書については、レシートや振込明細の控も可。) なお、学校が学級教材費等で購入した教材等については、学校から教育委員会に直接報告をいただきますので、領収書・レシートなどの保管は必要ありません。

申請期間・場所

   受給を希望される場合は毎年度申請書の提出が必要です。申請書に必要事項を記入押印のうえ、保護者の方がお越しください。

 随時、申請いただくことができます。ただし、認定は申請された月又は翌月からとなり、支給額は認定月からの月割額となります。

 なお、令和2年7月1日(水曜日)から令和2年7月31日(金曜日)までに申請し、認定された場合は、令和2年4月1日からの適用となります。

指導課(市役所3階) 午前8時45分から午後5時15分まで。(土・日曜日・祝日を除く。)

審査結果について

・申請期間内に申請された方の審査結果は、令和2年8月下旬までに通知します。

・申請期間外に申請された方の審査結果は、判定次第、随時通知します。

支給時期・方法について

1回目は令和2年10月下旬、2回目は令和3年3月下旬を予定しています。

原則として、申請書記載の口座に振り込みます。

お問い合わせ
指導課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。