ブレインブースト読書教室について

 

ブレインブーストとは、読書を通したトレーニングにより右脳を活性化させる能力開発のことです。右脳を活性化させることで、本来、人が持つ機能を最大限引き出し、読書スピードの上昇だけでなく、感性・直感力・想像力を育み、さらには、運動面や芸術面など右脳に関係する能力の向上が期待されます。

 

今年度は6月、7月、8月の3教室を行い、合計45名に参加いただきました。

9月以降の教室の開催については、現在企画中です。決まり次第、募集を予定しております。

 

問合:教育政策課(担当:教育政策推進係)

8月クラスの様子です

受講者の感想

・いっぱい本を読めて楽しかった。

・自分でも考えられないくらい読むのが速くなって嬉しかった。

・本に興味がわいた。

・最初は、本当に速く読めるとは思わなかったが、想像以上に読むのが速くなった。

・今後、なにか教室があれば行きたい。

・本を速く読めるようになったおかげで、いっぱい本を読めた。

・本をもっと好きになれた。

・楽しくて、もっと早く読めるようになりたいと思った。

泉大津市アビリティ実証都市研究会

泉大津市では、「本来、人が持つ機能を最大限引き出す取組み」であるブレインブーストや、「身体の機能を取り戻す取組み」であるあしゆびプロジェクトなど、アビリティの実証に向けた取組みを積極的に実施しています。

お問い合わせ
教育政策課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。