「世界自閉症啓発デー」及び発達障がいにかかる啓発について

毎年4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。

自閉症をはじめとする発達障がいは、脳機能の発達が関係する生まれつきの障がいであり、発達障がいがある人は、コミュニケーションや対人関係を築くことが苦手です。
発達障がいの人たちが社会の中で自立していくためには、発達障がいに対する私たち一人ひとりの理解が必要です。

「世界自閉症啓発デー」を契機として、自閉症をはじめとする発達障がいへの理解を深めていただくようお願いします。

「世界自閉症啓発デー」(4月2日)、「発達障害啓発週間」(4月2日~8日)

平成19年12月、国連総会において4月2日を「世界自閉症啓発デー」とする決議が採択されました。
また、厚生労働省では、この日から8日までを「発達障害者啓発週間」と位置づけ、自閉症をはじめとする発達障がいへの理解促進のための啓発活動を行っています。

平成29年4月の取り組み

お問い合わせ
障がい福祉課