徘徊高齢者等SOSネットワーク事業が始まりました

徘徊高齢者等SOSネットワークについて

このSOSネットワークは、徘徊のおそれのある認知症高齢者等が、徘徊により行方不明となった場合に、地域の支援を得て早期に発見できるよう、関係機関等の支援体制を構築し、もって高齢者等の安全と家族等への支援を図ることを目的としています。

安心できる「事前登録」をお勧めします

徘徊のおそれのある高齢者等の名前、特徴や写真などの情報を、ご家族や本人の同意を得て、SOSネットワークに事前登録しておくことで、行方不明時などの緊急時に、関係機関への情報発信が速やかに開始されます。また、SOSネットワークの流れなどについて家族等に事前に説明を行うことで、安心につながるなどのメリットがあります。このため、なるべく事前登録しておくことをお勧めしています。

事前登録は、高齢介護課のほか、地域包括支援センターやコミュニティソーシャルワーカー(CSW)を経由して行うことができます。

*事前登録されていない方が、行方不明になられた場合でも、支援を受けることができますので、緊急時にはご相談下さい。

SOSネットワークのながれ

1.行方が分からなくなったとき

事前登録をしている場合

泉大津警察署に迷い人届(電話可)または行方不明者届を出してください

高齢介護課(市役所閉庁時や、土・日・祝日などは、在宅介護支援センター覚寿園)に、電話(窓口可)で捜索の支援要請をしてください。

事前登録をしていない場合

泉大津警察署に迷い人届(電話可)または行方不明者届を出してください。

高齢介護課窓口(市役所閉庁時や、土・日・祝日などは、在宅介護支援センター覚寿園)でSOSへの登録・捜索への支援要請の手続きをしてください。

2.情報の発信

ファクス(同時一斉送信)を利用して、関係機関等へ本人の情報を発信し、協力依頼をします。

*具体的な捜索活動を依頼するものではありません。

情報の発信先は、駅、医療機関、介護保険事業所等です。

3.発見・保護した場合

関係機関等が発見・保護した場合は、泉大津警察署または市高齢介護課(閉庁時等は、在宅介護支援センター覚寿園)に連絡します。

泉大津警察署から家族等へ連絡をします。

4.発見・保護の連絡

関係機関等へ発見されたことの情報を発信します。

連絡先

連絡先

 名称

  電話番号

 高齢介護課

平日8時45分から17時15分まで

33-1131

 在宅介護支援センター覚寿園

休日・祝日・夜間など

33-1000

 泉大津警察署生活安全課

 23-1234

お問い合わせ
高齢介護課
電話番号:0725-33-1131(代表) ファクス:0725-20-3129

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか