平成27年度介護報酬改定に伴う負担限度額認定証の取り扱いについて

平成27年度介護報酬改定に伴う介護保険施設等の多床室の負担限度額の見直し等にかかる負担限度額認定証の取り扱いについて

平成27年度介護報酬改定により、光熱水費相当分の額の見直しを踏まえ、本年4月からの多床室の基準利用額が320円から370円に改定されます。

これを踏まえ、

・利用者負担第2段階及び第3段階の利用者の負担限度額も320円から370円へ改定

・利用者負担第1段階の利用者の負担限度額については0円に据え置きと示されました。

(平成27年2月18日付け厚生労働省老健局介護保険課通知)

介護保険の施設サービスの多床室を利用されている方の自己負担額が4月利用分より

変更になりますのでご注意ください。

なお、現在お持ちの介護保険負担限度額認定証の記載金額訂正の必要はありませんので、

4月以降もそのままご利用ください。

 また、平成27年8月からは、特別養護老人ホーム(多床室)の基準費用額が370円から840円に変更されます。

 

問い合わせ

高齢介護課8番窓口

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか